容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

染めQ インプレッション

  1. 2009/03/11(水) 23:28:01|
  2. レザークラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
 ここしばらく、次の制作のためのテストを色々とやってました。
 革に限らず、糸なども自分で染められるようになると選択肢が増えて良いのですが、糸の方は使う量が少なすぎて染料が盛大に余ってしまいますな。
 革細工用の麻糸は、何やら処理がされているのか、水分を吸いにくくてなかなか中心部まで染まってくれません。
 とはいえ、使う分の糸は二度染めしてそれなりの状態になったので、そのあたりのことを考えるのはまた次の機会です。
 勢いで1パック丸々染めましたが、使い切る予定は全くありません。
 ちなみに、コールダイオールで染めて、ミカノールで色止め。
 色移りの心配はなさそうですが、色止め処理の工程でどうしても色が抜けるので、色の調整が難しいです。
 糸の方は説明書通りにやっただけなので写真等はありません。

 さて、ここからが本題。
 スプレー缶の染めQ(ホワイト)を使用して、牛タンロー革(タンローは、タンニン鞣しのローケツ染め用の略らしい。いま知った)を染めてみました。
 タンローは、使用する人が染色することを前提としているため、染色しやすいような下処理がされているようです。
 まあ、染めQは顔料系のようで、染色とは少し違うのですが。


曲げてみたところ

 染めQを吹いたあと革を曲げてみると、最初に試した方は右のようにパリパリとヒビが入りました。
 少し剥げているところがあるのは、塗膜の強度をチェックするため爪で引っ掻いてみたところです。
 塗膜は革の表面と強力に結合していて、革自体の表面を剥がさないと取れませんでした。
 ヒビの原因は、単純に厚塗りをしたせいのようです。
 一応、染めQクリーナーで脱脂してみたり(タンローは元々脱脂されているが確認のため)、ベースカラーを吹いてみたり、保護ツヤダシを吹いたりしてみましたが関係なさそうでした。
 まあ、ベースカラーもホワイトも色が違うだけっぽいですしね。
 で、薄く吹くことに気をつけながら10〜20回ぐらい重ね塗りをすることで、左のように曲げても割れないようになりました。


どの程度まで吹くかの目安

 染めQのホワイトは、とにかく1回あたりの色の乗りが悪く、やっているうちにどのぐらい吹いたらいいのか わからなくなってくるので、目安として記録。
 注目するところは下に敷いているチラシ。
 黒などの濃い色が見えなくなるまで吹いてしまうとおそらく塗膜が割れるようになってしまうので、薄めの色が判読しにくくなってきたあたりで止めるのがいいと思います。
 ちなみに、上の方に置いてあるのが元の革。

 少なくとも、ホワイトに関しては色移りの心配もないようですし、揮発してしまえば溶剤臭も残らないので、クラフト染料の時の問題点は解決できそうです。
 ホワイトやベースカラーのような不透明顔料ではなく、他の透明な色の場合はどうなるか、そのうちやってみたいと思います。





 ……神姫関連ブログで染めQの話題なのに、本来の用途にしか使わないガッカリ企画ですが、今後も神姫の塗装に使う予定はありません。

武装神姫 革製2WAYバッグ

  1. 2009/02/12(木) 00:22:33|
  2. レザークラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 お久しぶりです。
 毎度のことなのですが、いまいちやる気が起きずに部屋の片づけとかしてました。
 まあ、今回はホビコンのオフレポが終わって時間差で燃え尽きてたってことで……。
 主に、11月後半から溜まりに溜まった未開封神姫の整理とか、リバースセンチュリーに入ってから積んでいるゾイドの組み立てとかしてました。
 エクスグランチュラ、旧グランチュラやガイサックで再生産されまくってモールドだるだるになってたパーツ類がほとんど新規ランナーに置き換わってましたね。
 金型の精度が悪いため、ゾイドの中でも屈指のパーツポロリ率を誇っていたので安心しました。
 バリゲーターTSは逆に、旧バリゲーターの頃も特に問題がなかったので、追加パーツ以外はそのままでしたね。
 ヴァルガはなかなかいい動きです。
 グラヴィティヴァルガ発売中止は残念ですが、下手に強化パーツを積んでも動きが死にそうなのでこれで良かったのかも。
 ティガゴドスなんて、完全にバランス崩して歩けなくなってましたし。
 まあ、昔から強化型ゾイドの宿命だったりするのですが。
 各関節のロックを外してポージング可能というギミックも、あんなゆるゆるの関節では全く意味がなかったですし。
 そうそう、ランナーのパーツ番号が旧ゾイドと同様に、説明書で使われる順番に振られるように変更されたのは、さすが原点回帰というだけはあると思いました。
 簡単なものなら説明書がなくても組めたりします。
 流石にヴァルガとかは複雑すぎて無理ですけど。


 さて、そろそろ本題。

ショルダー前

ショルダー後ろ

 こんなもの(猫子が持ってる方)を作りました。
 オフ会のジャンケン大会用に考えていたものですね。
 ちなみに、白子改が持ってるのは1年以上前に作ったプロトタイプです。
 基本的にはプロトタイプの構造をそのまま使っていますが、ストラップは外せるように変えてます。
 で、サイズが異常に巨大化しているのはなぜかというと……

中身

 このように、500円玉4枚が入るように作ったからです。
 まあ、お釣りを入れる場所がないので神姫用の財布にするのは無理があるのですが。
 迷子になった時用……っていうのも、1000円札入れとけよ! って感じですしね。
 実用性についてはあまり詮索しない方向で……。
 ちなみに、今回の写真は全部、500円玉4枚を入れたまま撮影してます。
 結構重いのに普通に自立する神姫すごい。

 このエントリのタイトルを見ての通り、このバッグは2WAYの使い方ができるわけです。
 はたして、その第二形態とは……!!

組み換え1

組み換え2

組み換え3

組み換え4

ランドセル前

ランドセル斜め

ランドセル後ろ

 ……というわけで、ランドセルです。
 まあ、実際のランドセルとは形状が微妙に異なるわけですが、ショルダーバッグとの兼ね合いとか、金具の都合とか、作る手間とかを考えるとこのあたりが妥協点かな、と。
 制作物の立ち位置としても、「ランドセルの精巧なミニチュア」ではなく、あくまでも「神姫用のサポートグッズ」であり、これが1/1サイズという考えでいるので、こうしたデフォルメが入るのはむしろ当然であるといえます。

 ……しかし、これを量産せねばならんとは。
 レザークラフトは結構力仕事が含まれるので、普段鍛えていない私は体に堪えるのです。
 ちなみに、2月22日のトレフェスプロローグまでだと、赤は材料の準備(買ってきてすいて染色しないといけない)の関係で、最大でもあと2個しか作れないです。
 今週末は予定が入っているせいでその2個すらもできるかどうか怪しいですが。
 3月1日のホビコンGKの方は、スケジュール的に作れそうもないので、出品はなしの方向で。
 ジャンケン大会があるかどうかもわかりませんしね。

 黒とか茶色とかはストックがあるので、すいてから作るだけですが、需要があるのかどうかが悩みどころです。
 見ての通り、500円玉が入るようにしたせいでショルダーバッグとしては異常な大きさなんですよね。
 ランドセルとしてもちょっと横幅広めですが。
 なので、ランドセルとして使うのをメインと考えると、どうしても人気は赤に偏ると思います。
 茶色もそれなりに需要はありそうですが、黒はあまり人気ないんじゃないかと。
 最近は女の子でも黒いランドセルを使う、というかそもそも かなりカラフルになっているという話を聞いたりもしますが、神姫マスターたちはそういう世代じゃないですからね。
 そのあたりとか、形状やサイズに関しても意見があれば聞かせてもらいたいと思っています。
 それが反映されるのは、トレフェスプロローグ後に作るものからになります。
 今の寸法だと、1ワーク(材料1枚)からちょうど3個分取れるんですが、寸法変更してしまうと結構無駄が出てしまうので。

 あ、ドルショレポは全く進んでません。

武装神姫 ガルガン用の鞘1

  1. 2008/08/21(木) 01:53:06|
  2. レザークラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 エアブラシの新しいハンドピースが届きました。
 ……が、トリガータイプのため今持っているスタンドに置けません。
 とりあえず純正のスタンドを注文したので到着待ち。
 まあ、スプレーブースも常設ではないので、どちらにせよ平日に塗装する気にはなれませんが。

 ガルガンの方にも鞘を作ろうと思っているのですが、片刃の曲刀であり、しかも先端に太くなっている部分のあるガルガンの場合、素直に作ってしまうとだいぶ野暮ったい形状になってしまいます。
 特に、納刀時に余ってしまう部分が気に食わない。
 そんなわけで、内鞘と外鞘の2段構成にし、かつ可変させることで、「鞘を背負ったままでの神姫による自力抜刀」が可能にならないかと考えました。
 内鞘は先端部のみ袋状になっており、少し引き抜いたところで横方向に動かすと抜刀できる構造にし、外鞘は横方に動くのを止めるため、中央の細い部分に巻くような感じ。
 文字で説明しても分かりにくいかもしれませんが、考えながら描いた模式図をみるともっとよくわからないと思います。
 ひとまず、内鞘を作るため、革をガルガンにフィットさせる作業から開始。
 例によって、革に水をつけてガルガンに押し付けて変形させます。

このぐらいでいいだろうか


 とりあえずそれっぽい感じになったので、神姫に合わせてみると……どう考えても自力抜刀は不可能。
 鞘の位置を下げれば可能ではあるのですが、かっこ悪くしてまでこだわる部分だとも思っていないのでパスすることに。
 まあ、内鞘を先端方向にスライドさせればいいのですが、革と真鍮線だけでそれをやるのは厳しすぎるので、見た目だけ自力抜刀できそうな感じを目指そうと思います。
 そもそも、スナップボタンをつける時点で完全な自力抜刀は不可能ですし。

武装神姫 バルムン用の鞘 補足

  1. 2008/08/19(火) 02:12:06|
  2. レザークラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 ふと、革は水をつけて引っ張るとある程度伸びることを思い出して、出掛ける前に鞘に水を掛けてバルムンを入れておきました。
 帰ってからチェックすると、丁度いい状態になってました。

 ついでに、画像の追加を。
 昨日の写真だとあまりにも何が何だかわからないので、鞘とバルムンだけの写真を撮りました。




 今日は他に作業してないので以上です。

武装神姫 バルムン用の鞘

  1. 2008/08/18(月) 02:21:17|
  2. レザークラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 本題に入る前に補足というか釈明というか……。
 ええとですね、塗装の方なんですけど、今持っているエアブラシが口径0.3mmの奴でして、どうもサフ吹きやメタリックカラーにはもう少し大きいのを使った方が良い、ということを知って新しく注文したところなのです。
 そんなわけで、やむにやまれぬ事情で作業が止まっている、と。
 まあ、別に釈明とかする必要もないんですけど。

 えー、で、鞘の話ですが。
 基本的にはオイルレザー(牛)を使用しています。
 以前に一度、白や赤の革が使いたくなってティーポ(豚)を使ってみたのですが、強度的に問題があり、神姫用の小物を作るには向かないと判断しました。
 普通のレザークラフトではありえないサイズのものを作るため、革の厚みを薄くするために革すきという工程が必要になるのですが、ティーポは革すきに堪えられないようです。
 私のやり方が悪い可能性もあるのですが、革すき自体をクリアしたとしても、革のふちから1mm程度のところを縫う段階で切れてしまうこともあったり、どうにも小物には向かないという印象です。
 オイルレザーの場合は、それこそ紙のごとく薄くしてもそれなりの強度を保っているので、上手に革すきができれば神姫用レザージャケットとかも不可能ではないと思います。
 ただ、相当の面積をすかないといけないので、それ相応の技術と根気が必要になります。
 一応、私もグリップに巻くために紙レベルの厚さまですいていますが、うっかり途中で切ってしまうことが多いので、先に長さをはかってから作るのではなく、適当な長さで作って使えそうなものを使うという感じです。
 下の写真はガルガンのグリップに巻いてみたものですが、微妙に長さが足りないのでこの後作り直しています。

下は紙レベルの厚さの革


 今回、もともとの厚さが違う革2種をすいてみましたが、元の厚さが薄いものの方が繊維が詰まっていて頑丈な印象がありました。
 加工の際の利便性もありますし、元から薄い革を選んだほうがいいのかもしれません。

 鞘本体の制作ですが、基本的には教本の通りに作っている……というか、すっかり忘れていて書いてある通りにやっていない部分が多いので教本を見ることをお勧めします。
 私が使っているのは日本ヴォーグ社の「革の技法」という本ですが、レザークラフトの本自体がそんなに多くないので、ハンズとかのレザークラフトコーナーに置いてあるものをざっと見て決めてもいいでしょう。
 とりあえず、ベルトは作るのが面倒だったので、以前に作ったものを仮に流用しています。
 撮影ブースを用意するのが面倒で適当に撮ったんですが、案の定 光量不足で細部の見えない写真になっています。
 まあ、そのおかげでベルト(焦げ茶)と鞘(黒)の色の違いがほとんど出ていないのですが。

モデルはパスティスさん


 バルムンのバカでかい鍔が鞘と干渉しそうで心配でしたが、何とかギリギリ入りました。
 もともと、鍔に対して刀身が細いデザインなので、鞘に入れたほうがバランスがよく見える気がします。
 鞘のサイズがタイトすぎて刀身を折りかねないのと、金具が鞘の内側に露出しているので塗装が剥がれかねないのが問題といえば問題ですが。

 今日はここまで。