容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

武装神姫 神姫用マント(サンドカラー)

  1. 2008/11/09(日) 18:42:46|
  2. 布服|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
悪魔が恐れた神姫がいた……

悪魔が恐れた神姫がいた……



 前回の写真があまりにも駄目だったので、、写真を撮り直すついでに形状違いのマントも作ってみました。
 ……と言っても、魔女っ子の時と同じ形のマントにマフラー状のパーツを追加しただけなのですが。

フル装備

後ろ姿

マフラーを外した状態



 こういうマントって、漫画とかでは時々見ますけど、実際にあったらどうなってるのかと考えると、やはりマフラー部とマント部は一体になってないと思うのです。
 マフラー部に切れ目が描かれてないことが多いので、それを忠実に再現すると脱ぎ着しにくいですしね。
 そんなわけで、「本来はマントの上から長いマフラーをぐるぐる巻きにしている」ものを、マフラーだけ簡略化した、という解釈で作っています。

ガンベルト部分


 ちなみに、ガンベルト周りは、左右のベルトがクロスするところにバルムンクの鞘をぶら下げています。
 軽くデビルメイクライを意識しつつ装備を組んだのですが、剣を背負わせた状態でマントを着せるのも、マントを着せた状態で剣を背負わせるのも無理なので剣はここに。
 しかし、鞘がセンターに来ているおかげで、左右どちらの手で剣を抜いていてもあまり違和感がなくなっています。

フードをかぶった状態

脱いでいる途中……と見せかけて、フードをテープで固定していない状態

フードを脱いだ状態

フードを脱いだ後ろ姿


 そしてフード付きマントの方。
 後ろ姿は、やはり少々襟周りが気になるところです。

長い首パーツ


 ちなみに、今回は首の長さ的にポロリしやすかったので、フィギュメイトの脚から長い首パーツを作っています。
 右はMMSの元々の首パーツで、上からver.1,2,3の順に並んでいます。
 色はver.2とほとんど同じですね。
 頭側は3.2mm、胴体側は2.5mmのドリルで穴をあけています。
 普通に使うだけなら問題はないのですが、ポーズをつけようとすると胴体側がまだ少しポロリしやすいです。
 穴の入口に瞬着をつけて太らせれば保持力が上がると思います。


 そういえば、今回の写真はテストも兼ねて、ライティングをわざと暗くして、シャッタースピードを3秒にして撮影しています。
 これは、オフ会とかだと必ずしもライティングが思い通りにはいかないので、暗い店内とかでも失敗しないための練習なのですが、意外とデスクライトなしでもきちんと写真が撮れることがわかりました。
 流石に裸電球(40W)1個なので帽子を被せると顔が真っ暗になったりしますが、普通の蛍光灯をつけてシャッタースピードを1/10秒ぐらいにすると、結構いい明るさになります。
 まあ、三脚は必須になるのですが。

蛍光灯+シャッタースピード3秒


 ちなみに、蛍光灯をつけてシャッタースピードを3秒にすると、めちゃめちゃ明るくなります。
 脚がジオラマスタジオ並みにツヤテカしております。
 アークやイーダをこんな風に撮ってみたら面白いかも……っていうか、リペの小冊子のイラストがちょうどこんな感じでしたね。

武装神姫 パスティスさんがフォースに目覚めたようです

  1. 2008/11/04(火) 02:28:07|
  2. 布服|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
ライトセーバー2刀流


 ……と思ったらいきなり暗黒面に!

グリーバス将軍風



 ……というわけで、魔女っ子装備の時の応用でフード付きマントを作ってみました。
 フードをうまく被せられるように縫うのが結構難しく、できる限りの修正はしたのですが、最終的には頭に両面テープで留めてます。
 またしても襟周りの縫い代処理が鬼門なのですが、これ以上はどうにもうまい処理が見つからず。
 サイズ的に限界かも。

 ちなみに、4刀流は夢魔子のリアパーツに素体の腕をつけてます。
 写真はもう少し色々撮ったんですが、ライティングと三脚を省略したらダメ写真ばかり量産したのでまた今度撮り直します。

武装神姫 マントのお話

  1. 2008/10/20(月) 01:53:59|
  2. 布服|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 いやぁ、やばいですよ。
 何がってマントですよ。
 当初、あくまでも魔女っ子装備の一部として作ったのですが、これが単体でもかなりのプレイバリューがあることがわかってきました。
 昨日もいじっていたらいつの間にか3時間近く経ってました……。
 いじっているときはカメラのことをすっかり忘れていたので写真は1枚もないのですが。

 例えば、ガリアーノさんの片腕をリアパーツのブレードに換装してマントで隠したりとか。めくったりとか。また隠したりとか。暗殺者っぽい。
 例えば、以前に作ったバルムンクをストレガさんに持たせてみたりとか。ガリアーノさんと並べてみるとバンパイアハンターっぽい。
 しかし、ストレガさんの方のマントは前がぴったりと閉じるように作ってあるのですが、ホックを外してみると今度は急に「魔王、ご立腹」みたいな画面(えづら)になるのが面白いです。

 マントは、「マント 型紙」でググって出てきたサイトを参考に作っているのですが、縦も横もだいぶ大きめに作っていたり、フードを普通の襟に作り替えたりしているので、作ってみたい方は適当にアレンジして作ってみてください。
 ド素人が適当にやって何とかなったのでたぶん大丈夫だと思います。
 襟の処理が一番大変なところなのですが、私にはうまく説明することができません。
 というか、うまく処理できているとは言い難いので説明してもしょうがないのですが……。

武装神姫 マントと帽子と。

  1. 2008/10/15(水) 01:32:41|
  2. 布服|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 お久しぶりでございます。
 ここ数週間、週末は「モノを作り終えたところでタイムアップ」を繰り返しておりました。
 で、どんなものを作っていたかというと、こんな感じ。

魔女っ子


 ハロウィンも近づき、ホームセンターでカボチャとゴーストの小物が売っていたので、それに合わせて魔女装備を作ってみました。
 一応、鈴になってるんですが、こういう小物の常で見事に鳴りません。

 右の子はストレガさん。
 バトルロンドでは、最初に起動した神姫です。
 私はあまり素体やヘッドには手を入れていないのですが、流石にそのままだとアマレットさんと見分けがつかないのでツインテ付きです。
 黒子のツインテはポロリが多いのが難点で、オフ会に持っていってもなかなか上手くポーズが決まらず、諦めて箱に戻すことが多かったのですが、軸が長めの夢魔子のツインテを見て、「そうだ、軸を伸ばせばいいんだ!」と思って小改造してあります。
 拡張ランナーを適当な長さに切り、それとツインテの神姫軸に1.2mmのピンバイスで穴をあけ、#18の真鍮線でつないで接着。
 ヘッドの方は、3mmのピンバイスで穴を深くしています。
 3.2mmや3.3mmが手元になかったので、拡張ランナーの出っ張り部分を削って穴に合うようにしています。
 しかし、ヘッドの方はサイズ的に結構ギリギリのようなので、3.2mmや3.3mmで開けない方が良いかも知れません。
 前髪のピンが刺さる穴の周囲が、だいぶ薄くなっています。
 それから、前髪の3本のピンのうち、両端の2本は短く切ってやらないとツインテの軸につっかえます。
 多少前髪が外れやすくなるので、気になる場合は中央付近にピンを増やして見ると良いかも。
 そして、ここまで加工した後で夢魔子さんの前髪を外して見ると、左右の丸ピンは短く、中央のピンはサイズが大きく長い長方形のピンになっています。
 黒子さんのデータがフィードバックされて設計されているのがよくわかります。

 で、左の夢魔子さんは名前未定。
 基本的に、バトロンで起動するときに名前をつけるため、うちの子の半数近くが名前なしになっていたりします。
 あと、ヘッドが2個分入ってる子に素体をあげると名前が足りなくなったりとか……。
 まあ、オフでも何か作った時点で名前を付ければ良いんですけど。
 この子は、これまでの流れを考えるとガリアーノさんになっちゃうんですよねえ……。
 まあ、苗字なので、いかつくてもありといえばありなんですが……愛称はジョセフィーヌ、とか。
 それはそれで合わないような気もしつつ、悩んでるとだんだん慣れてきてしまったりもして。
 はてさて……。

 しかし、魔女帽は先端が垂れ下がってる方が好きなので長めに作ってあるんですが、前からみるとなんだかよくわからない形状になってます。
 円錐部分の真ん中あたりまで、厚紙で芯を入れてやった方が良いんでしょうか。

悪役モード


 そして、魔女帽を外してみると、途端に魔王とその部下みたいになるこの二人。
 夢魔子の方は想像がつきましたが、黒子の方も意外なほど悪役っぽく、流石に悪魔型なんだなあ……と思いました。
 ちなみに、いくつか他の子にも着せてみましたが、あんまり悪役っぽくなりませんでした。
 黒イー姐は少し期待したんですが、素体デザインと表情のせいでどうみてもHENTAIです。本当にありがとうございました。
 ……まお?
 遊んでるようにしか見えないよ!
 お菓子要求されるよ!

魔女っ子パーフェクトモード


 ちなみに、帽子とマントをアマレットさんの服と合わせることにより、魔女っ子パーフェクトモードが完成します。
 ああ、ストレガさんとガリアーノさん(仮)にも服を作ってあげないとなあ……。

宇宙人オンステージ


 そして、お約束というべきか、どこかの宇宙人っぽい格好をさせてみたり。
 ちなみに、figmaで持ってるけど何も流用してません。


 ……っと、そうそう、今回がミシン導入後の初作品になりますが、たぶん手縫いよりは時間短縮できてると思います。

武装神姫 布服講座服(?)1

  1. 2008/09/08(月) 03:10:01|
  2. 布服|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 週末を使って、キャラホビオフに持っていった布服の仕上げをしてました。
 ……オフレポ?
 あれだけ写真があれば1カ月は戦えるぜ!

 ま、そんなわけで、元々は 基本的にはゆこたんヌさんのかんたん布服講座を参考にしているのですが、見掛けだけならもはや別物となって完成しました。
 一応、基本的な構造はそのまま使っているので、「工夫すればいろいろバリエーションが作れるよ!」という一例として見て下さい。
 ただ、いきなりこれをやると結構労力が掛かるので、慣れてからやった方が良いです。
 多分、本来の3〜4倍ぐらいの距離を縫ってるんじゃないでしょうか。
 ほつれ対策とかを泥縄的にやったせいで、背面は正直あまり見せたくないですな。
 スナップボタンの付け方とかも最後の1個だけ糸が目立ちにくいようにしてあったりとか。

前面
背面


 で、なんとなくこれだけだと寂しかったので、おまけを付けることに。

袖付き


 ゴスロリ系の服にありそうな形の袖を適当にでっち上げ。
 左右でサイズが違うとか慣れっこだぜ!

 ……で、実はカラバリを作ろうかといろいろと買い込んであるのですが、流石に何の策もなく今回と同じ労力は割けないので、ミシンの導入を検討していたり。
 いろいろ調べたところ、

1.重い方が良い(鋳造部品が多く樹脂部品より壊れにくい、重い方が振動が少なく安定する)
2.電動ミシンや電子ミシンよりコンピューターミシンが良い(針の動きを細かく制御しているため比較的縫い目がきれい)
3.同じ性能でも販売経路によって型番や価格を変えて売っている場合がある

 といった感じのことが書いてありました。
 しかし、いざ機種を絞り込もうとすると、なかなか機能の比較をするのが難しい。
 アマゾンあたりでまだ普通に買える機種でも、メーカーのサイトに載ってなかったり、旧機種と新機種の違いや、下位機種と上位機種の違いもよくわからなかったりするのです。
 とりあえず、ドールショーが終わったら経験者に聞いてみますかねえ……。

次のページ