容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

武装神姫 トレジャーフェスタin有明03 神姫オフに行ってきました

  1. 2010/05/15(土) 17:38:15|
  2. ┣ トレフェス有明3|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
 5/4に東京ビッグサイトで行なわれた、トレジャーフェスタin有明03と、神姫オフに行ってきました。
 最近は他の参加者の方がレポートを上げてくださるので、私は完全にだらけモードに入っているのですが、いくつか「これは私が説明せねばなるまい!」という写真があるのでしゃしゃり出ることにします。
 ただ だらけてるわけじゃないよ!
 あんまり長々と書くと読む方も大変だからだよ!


 実は今回、「地味に神姫オフ運営二周年特別企画【チェステージ・リベンジ(自腹)】」が皆様の協力で成功した裏で、参加者がごく少数でひっそりと終了した企画がありました。
 それが、「自己責任企画【神姫・DE・ご飯!】」です。
 ライトアーマー4弾である箸型こひる・スプーン型メリエンダの発売を記念して、2次会で神姫装備の食器を使って食事をしよう、という企画です。
 当然、デフォルト装備は公式に「食事に使用しないでください」という注意書きがあるため、食器は食事用に売っているものを改造することを推奨し、デフォルト装備を使用して何かあっても自己責任ということになっています。
 まあ、デフォルト装備を使用する勇者の存在によって、玩具用のプラは食器用と違い、耐熱温度が低いから危険なのだということが実証されたのですが。
 信じられるかい? 箸、ちょっと溶けてたんだぜ……。







 私は上の写真のように、市販の「つなぎ箸」というものを購入し、ケースにひもをつけて装備させる簡単改造で参加したのですが、私の知る限りでは、デフォルト以外の食器を用意してきたのは私だけでした。
 1次会の展示用にお椀を持ってきていた方はいらっしゃったのですが……。
 あ、あれ〜!?
 つなぎ箸、アマゾンで買ったから絶対誰かと被ると思ったのに!
 ちなみに、つなぎ箸の先端側の長さはデフォルト箸とほぼ同サイズです。
 2枚目をよく見るとわかりますが、ねじの部分にちょっと長めの棒がついているので、無改造でも神姫に持たせられます。


 というわけで次のネタへ。



 表面ばかりが取り沙汰される「ストップ!神姫ぽるの!キャンペーン」ポスター(エロコーナーの仕切り)ですが、



 裏面はキャンディメテオのCEOであるラビボン0号機(通称:社長)がトイレに入っていたりします。
 誰得。

 けだえは こういう細かいネタをひっそりと用意してたりするから、油断しちゃいけないぞ!
 まったく、こんなことばかりやっているから、



 minamoさんからは金色ゆらゆら椅子、takamuraさんからは「オレの特濃MILK」ヂェリカンを託されるんだよ!
 どう見てもご褒美です。
 本当にありがとうございました。


 さて、次はボーダーブレイクプレイヤーとして紹介しておかなくてはならない作品。



 「勝負、勝負!」
 少しわかりにくいですが、クーガーI型(中央の茶色いロボット)と向かい合っている黒子さんが、ブラストランナー(ボーダーブレイクに登場するロボットの総称)用の強襲兵装を装備しています。



 「砲撃するよ!気をつけてね」
 武装のマウンター部分を複製して改造しているらしく、後で見たら重火力兵装に換装されていました。
 実は、私自身もやりたかった改造ではあるのですが、なんだかんだで普通にすらキットを組んでいないので、当然 手付かずという状態です。
 いまさらながら、オーナーさんに話を聞いておけばよかったなあ、と思ったり。


 ……というところで、超圧縮版レポートはこれにて終了です。
 今後もおそらく、こういった形で「自分が見せたいもの」に絞った形のレポートになると思います。
 モチベーションとか、作業量とかを考えると、こういう形が(ベストだとは言いませんが)ベターであると判断したためです。
 紹介する以上は、その対象に対する敬意や愛情は必要で、それを保つにはやはり一人の力では限界がありました。
 義務感だけでどうにかしようとすることは、正しいことではなかったです。
 元々は「オフに参加している神姫をできるだけ紹介したい」という動機で始めたブログでしたが、今では これまでの2年間で参加してくれるようになった、多くの人たちが後に続いてくれています。
 ホビコン06東京レポートの時に軽く地獄を覗いてきたことは無駄ではありませんでした。

 そいつは、最高に気持ちがいいな――

 注:消えません。