容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

武装神姫 キャラホビ2008オフについて

  1. 2008/08/31(日) 03:13:21|
  2. ┣ キャラホビ2008|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 31日のキャラホビ神姫オフには、私も参加する予定です。

 オフ合わせで、ゆこたんヌさんのかんたん布服講座を参考に、ちょっとアレンジした服を作っていたのですが、そろそろ寝ないときついので時間切れです。
 凝りすぎたのと、ダーツを絞りすぎて要改修になったのが敗因です。
 一応、マチ針で仮止めして飾るつもりなのですが、先端をテープで簡易的に保護するとはいえ、危険なので触らないようにお願いします。

 それでは、会場で会ったらよろしくお願いします。

武装神姫 パンツの改修

  1. 2008/08/29(金) 03:34:56|
  2. 布服|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
 今日は、WF前に急遽作ったパンツの改修をしていました。
 Flesh素体にそのまま和三盆を着せるとどうしても中が見えてしまうので。
 最初は必要な部分だけ縫ってあったのですが、玉結びや玉留めをした部分が多く、布を切りっぱなしにした所もあまり見た目が良くなかったので、きちんと全体を縫い直しました。
 ……と言っても、布が何重にも重なってしまう部分は適当にごまかしていますが。
 以前も普通の綿の布で作ってみたことがあるのですが、ゴムをどう入れるかというのが課題でした。
 前回は糸状のゴムで縫ったんですが、強度に問題があるため、普通に糸で縫ったあとゴムを入れないといけないことが判明。
 今回は伸縮性のある布で作ったので、ゴムを入れずに糸で縫うだけで作ることができたのでだいぶ楽になりました。
 まあ、ちょっと歪んで縫ってしまった部分もあるのですが。

 ちなみに今日は画像はありません。
 黒い布に黒い糸で縫ったために写真にとってもわけがわからないためであり、他意はありません。
 たぶん。

武装神姫 ガルガン&バルムン3

  1. 2008/08/25(月) 22:11:36|
  2. ガレージキット|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 ガルガン、茹でてます。

今日の晩御飯、ではない

 ……実はですね、昨日起きた時に気づいたんですが、簡易キャップに付け替えて、さらに「閉」の状態にし忘れていた溶剤のビンが倒れていたのですよ。
 ガルガン、溶剤の海の中。
 引き上げてみると、溶剤を吸ってありえないぐらいフニャフニャになっているガルガンの姿が……。
 とりあえず1日放置してみたものの、そうそう溶剤が抜けるはずもなく、揮発を早めるために茹でているというわけです。
 一応、冷やしたらそれなりの固さになるようになってきたので、効果は出ているようです。
 しかし、トレジャーアイランドのハズレ箱など比較にならないぐらいシンナー臭い空気になっているので、塗装はしばらく自重しようと思います。

武装神姫 ガルガン&バルムン2

  1. 2008/08/25(月) 02:25:02|
  2. ガレージキット|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 ひとまず、バルムンが完成しました。

直射蛍光灯は写真にはあまり良くないですね


 そして、完成してからシルバーには下地として黒を塗るものだと知る。
 ……まあ、最初なのでこんなものだと思います。
 あと、正確にはシルバーではなくアルミを使っているので、色が軽すぎてちょっとおもちゃっぽい感じがしてしまっているので、次回は変えようと思います。
 鍔の部分の黒とゴールドから微妙に浮いてて悲しいので。
 後は、鞘に使っている糸も、鍔のゴールドに合わせてもう少し明るいと良いんですが、レザークラフト用の糸だと丁度良い色がなかった気がします。
 確か、使いそうな色は一通り買っいて、手持ちの色にちょうど良い色がないのです。
 ただ、別メーカーの糸は全く買っていないので、同じ色名でも色味が違うかもしれません。
 そのあたりで良い色があればなあ、と思います。
 しかし、最初は革の色(ブラウン、チョコ、黒)に合わせて糸を買ったものの、縫い目が見えた方がデザイン的に好みだという理由で、明るめの糸ばかり使っています。
 コバコート(革の断面に色をつけ、防水等の革の保護を行うもの)も、最近ようやく黒が入荷して喜び勇んで買ってきたというのに、一段明るい色を使いたくなっています。
 ……なぜこんな話をしているかというと、バトロン的にバルムンは二刀流が可能だから。
 まあ、2本目をいつ入手できるかわからないので、完成がいつになるかは不明ですが。

 ……ちなみに、ガルガンの方は塗装を失敗してまた最初から、です。
 キャラホビまでにはバルムンの正式版のベルトを作るぐらいしかできそうにないですが、そもそも神姫オフのスペースが取れずに詳細未定、私の本業の方も8/E(8月エンド。8月末の意)が締め切りなので本当にキャラホビに行けるかもわからないので、あまり意味がないかもしれません。

武装神姫 ガルガン用の鞘1

  1. 2008/08/21(木) 01:53:06|
  2. レザークラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 エアブラシの新しいハンドピースが届きました。
 ……が、トリガータイプのため今持っているスタンドに置けません。
 とりあえず純正のスタンドを注文したので到着待ち。
 まあ、スプレーブースも常設ではないので、どちらにせよ平日に塗装する気にはなれませんが。

 ガルガンの方にも鞘を作ろうと思っているのですが、片刃の曲刀であり、しかも先端に太くなっている部分のあるガルガンの場合、素直に作ってしまうとだいぶ野暮ったい形状になってしまいます。
 特に、納刀時に余ってしまう部分が気に食わない。
 そんなわけで、内鞘と外鞘の2段構成にし、かつ可変させることで、「鞘を背負ったままでの神姫による自力抜刀」が可能にならないかと考えました。
 内鞘は先端部のみ袋状になっており、少し引き抜いたところで横方向に動かすと抜刀できる構造にし、外鞘は横方に動くのを止めるため、中央の細い部分に巻くような感じ。
 文字で説明しても分かりにくいかもしれませんが、考えながら描いた模式図をみるともっとよくわからないと思います。
 ひとまず、内鞘を作るため、革をガルガンにフィットさせる作業から開始。
 例によって、革に水をつけてガルガンに押し付けて変形させます。

このぐらいでいいだろうか


 とりあえずそれっぽい感じになったので、神姫に合わせてみると……どう考えても自力抜刀は不可能。
 鞘の位置を下げれば可能ではあるのですが、かっこ悪くしてまでこだわる部分だとも思っていないのでパスすることに。
 まあ、内鞘を先端方向にスライドさせればいいのですが、革と真鍮線だけでそれをやるのは厳しすぎるので、見た目だけ自力抜刀できそうな感じを目指そうと思います。
 そもそも、スナップボタンをつける時点で完全な自力抜刀は不可能ですし。

次のページ