容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

ドルショに行ってきませんでした

  1. 2008/09/24(水) 02:34:19|
  2. 近況・その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 タイトルの通りでございます。
 一応行く気はあって、その証拠にこんなものも作っていたんですが、見事に寝坊しました。

こんなもの


 前日に思いついてやるものではないですね。
 完全に本末転倒。
 ちなみに、写真のものが何かといえば、布服用のスタンドジョイント(真鍮製)です。
 私は基本的に、オフ会では簡易スタンドを使用する派なのですが、布服を着せると背中のジョイント穴が使えなくなるので、腰のあたりで挟み込むジョイントを作りました。
 まあ、ジョイントと呼ぶには、スタンドとの接合部はただ巻いてあるだけで適当なのですが。
 しかし、こうして作ってみると改めて思いますが、神姫の腰って細いですねえ。

 ……で、しょうがないのでドルショは諦めて部屋の片づけをしていたら、2日も経っていたというかなんというか。
 色々と積みすぎです。



 そういえば、「エアブラシ サフ」とかで検索して来てる人がいますが、わざわざエアブラシを使って吹くのはお勧めしません。
 サフは広い範囲に吹く必要がありますが、エアブラシを使ってしまうとどうしても細吹きになる上、道具の手入れが面倒です。
 素直にスプレーのサフを使った方が楽です。
 塗装の本なんかでも、瓶入りのサフは「スプレーで吹けないところに筆塗りするのに使う。でもスプレーで吹けないところは外から見えないところなので諦めてもOK」とか書いている場合もあります。
 多分、公式にはエアブラシ用ということになってるんでしょうけど、実際に使う側からみるとメリットが少なすぎて使う理由が少ないんですよね。
 道具を洗うための溶剤とかを考えると、瓶入りがスプレーに比べて費用的に得かというと微妙なような……。

ミシン練習中。

  1. 2008/09/16(火) 02:21:27|
  2. 近況・その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 前回、布のほつれに悩まされたので、裁ち目かがりから練習中。
 例によってミシンも常設ではないので、ちょくちょく練習するわけにもいかないのですが。
 しかし、ミシン使ったのは何年ぶりでしょうか。
 高校までは家庭科もありましたが、高校でミシンを使って何かを作った記憶があまりなく。
 中学だと、エプロンとか袋とか、キットを使って作った記憶があるのですが、高校ではほとんど調理実習の記憶しかありません。
 少なくとも、何かを作って家に持ち帰ったりはしてないはず。
 まあ、どちらにせよブランク10年は確実に超えているわけですが。

 ……で、ミシンを使うとなれば糸が必要になるわけですが、ケチってロックミシン用の徳用糸を買ったら糸巻きがでかすぎました。
 まあ、最初に確認しとけって話ですよ。
 しょうがないんで、普通の糸を買いなおして来ました。
 なくなったら空いた糸巻きにロックミシン用から巻き直そうかと思います。
 ……リューター(プロクソンの50W)使って巻いたらパワーありすぎるかな。


 あと、アゾンのシフォンワンピースを買ってきました。
 日曜の11:45ぐらいについたので、白は既に売り切れてました。
 ミシンの配達待ちがなければ……とも思いますが、それはそれで開店待ち紳士の中に入手し損ねる人が出てきそうですしね。
 帰りに寄った手芸屋に、シフォン生地らしき布が端切れとして売っていたので、レプリカでも作ってみるか……などと考えてみたのですが、テスト縫いの時点で非常に扱いにくい布であることを実感しました。
 基本的に引っ張れば伸びるので、対策せずにミシンで縫うと勝手にギャザーが寄ります。
 しかも、ほつれ止めに布の端を熱処理してやらないと駄目なようです。
 シフォンワンピースも、断面をよく見ると溶けたような感じになってます。
 多分、相当後回しになると思います。


シフォン



 ちなみに、シフォンワンピースをノチェロさんにあげたら、部屋着にしていたシャツを羽織ってしまいました。
 あの、それ後ろ前反対なんですけど。



 さて、オフレポはどうしましょうかねえ……。
 このままお蔵入りというのはナシにしたいですが、個別のコメントはあきらめるかもしれません。

ミシンのお話

  1. 2008/09/13(土) 02:53:06|
  2. 近況・その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 ……というわけで、ここしばらくミシンについて調べておりました。
 いや、もうね、怖いね。ミシン業界。
 日本向けのサイトではラインナップが全く分からないような状態のくせに、アメリカ向けのサイトではマニュアルまでダウンロードできるようになってたりするメーカーとか。
 まあ、向こうはいろいろ規制があるんでしょうねえ……。
 そういえば、私が本業で使っている測定器なんかも、海外メーカーはありとあらゆるマニュアル・ドキュメントの類を無償公開していますね。
 日本のメーカーは生産終了した機種がおろそかになっていたりすることも多いです。
 30年ぐらい使っててマニュアルがどこに行ったかわからない機種もあるんで、困るんですよねえ……。
 どのボタンを押したらどうなるか、とかならともかく、PCからの制御コマンドの類は、中身が外からじゃわからないので、類似の機種から推測して1個1個叩いてみたりとか地道な作業を強いられることもあり……。

 ミシンの話に戻します。
 もちろん、そうしたメーカーは日本向け製品とアメリカ向け製品の中身が同じでも、型番を変えて比較しにくくすることも忘れません。
 正直、かなりイライラさせられたので、比較的ましなメーカーから選びましたよ。
 刺繍機能とかはいらないと思ってたんですが、実用縫いの性能が良いものを選ぶと自動的に刺繍機能が付いてくる罠。
 神姫スレに上がっていたドット絵の神姫をワンポイントで刺繍できたら可愛いかも、と思いつつ、模様を編集するソフトは別売りだったりとか。
 まあ、そのあたりはまた気が向いたら……という感じでしょうか。
 一応、明日あたり届く予定ですが、出掛ける予定があるので実際に使うのは明後日以降でしょう。


 ……ちなみに、なぜメーカーや機種名を伏せているかというと、ちょっと特殊なルートで注文したためです。
 いえ、グーグル先生にちょっと手伝ってもらっていたんですが、たまたま踏んだリンク先が会員制の通販サイトらしく、パスワードを要求されたのです。
 当然そんなものはわからないので、キャンセルして戻ったんですが、グーグルキャッシュから入ってみたら行けてしまったのですよ。
 それで、「まさかカートに入ったりしないだろう」と思いつつポチってみたところ、カートに入ってしまったわけです。
 さらに、「まあ、このまま注文しても、人間が伝票処理する段階で見つかって、怒られて終わりだろう」と思っていたら、まさかのスルー。
 そのまま普通に発送されました。
 まあ、ちょっと値段を書けないレベルの安さだったので、こちらとしては特に問題はないのですが……。
 これも、メーカーからの圧力のせいなんですかねえ……。

武装神姫 布服講座服(?)1

  1. 2008/09/08(月) 03:10:01|
  2. 布服|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 週末を使って、キャラホビオフに持っていった布服の仕上げをしてました。
 ……オフレポ?
 あれだけ写真があれば1カ月は戦えるぜ!

 ま、そんなわけで、元々は 基本的にはゆこたんヌさんのかんたん布服講座を参考にしているのですが、見掛けだけならもはや別物となって完成しました。
 一応、基本的な構造はそのまま使っているので、「工夫すればいろいろバリエーションが作れるよ!」という一例として見て下さい。
 ただ、いきなりこれをやると結構労力が掛かるので、慣れてからやった方が良いです。
 多分、本来の3〜4倍ぐらいの距離を縫ってるんじゃないでしょうか。
 ほつれ対策とかを泥縄的にやったせいで、背面は正直あまり見せたくないですな。
 スナップボタンの付け方とかも最後の1個だけ糸が目立ちにくいようにしてあったりとか。

前面
背面


 で、なんとなくこれだけだと寂しかったので、おまけを付けることに。

袖付き


 ゴスロリ系の服にありそうな形の袖を適当にでっち上げ。
 左右でサイズが違うとか慣れっこだぜ!

 ……で、実はカラバリを作ろうかといろいろと買い込んであるのですが、流石に何の策もなく今回と同じ労力は割けないので、ミシンの導入を検討していたり。
 いろいろ調べたところ、

1.重い方が良い(鋳造部品が多く樹脂部品より壊れにくい、重い方が振動が少なく安定する)
2.電動ミシンや電子ミシンよりコンピューターミシンが良い(針の動きを細かく制御しているため比較的縫い目がきれい)
3.同じ性能でも販売経路によって型番や価格を変えて売っている場合がある

 といった感じのことが書いてありました。
 しかし、いざ機種を絞り込もうとすると、なかなか機能の比較をするのが難しい。
 アマゾンあたりでまだ普通に買える機種でも、メーカーのサイトに載ってなかったり、旧機種と新機種の違いや、下位機種と上位機種の違いもよくわからなかったりするのです。
 とりあえず、ドールショーが終わったら経験者に聞いてみますかねえ……。

武装神姫 キャラホビ2008オフに行ってきました3

  1. 2008/09/05(金) 02:48:24|
  2. ┣ キャラホビ2008|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3
 あー、その、なんだ。
 うん、人一人の力では為し得ないことってあると思うんだ。
 どういうことかというとだね……

 神姫とオーナーの対応を取るのをあきらめました!

 もうね、獣の人さんのブログからリンクが張られているサイトだけでも数がすごいのよ。
 そんで、ざっと見ただけでは所有神姫はあんまりわからない。
 まあね、うちもそのうち神姫紹介書こうと思いつつもほぼ放置ですよ。
 紹介してない神姫の話をするのもどうかなー、とか思ってても出さざるを得ないわけですよ。
 まあそれもいいじゃないですか。
 それでいいじゃないですか。


 そんなところでですね、本日分の紹介をしていこうと思います。
 よそのサイトさんではぼちぼちゴールしていたりするわけですが、こちらはまだスタートラインに立ったばかりです。
 基本的に撮影順で、関連性のある写真は順番を変えたりします。


ツン子さん

胡蝶さん、犬子さん


 まず、ゆこたんヌさんのところのツン子さん、胡蝶さん、犬子さん。
 かんたん布服講座でもおなじみの犬子さんですが、髪が猫子なので最初はえらく混乱しました。
 MaRioさんのところの猫子さんが犬子髪のため「犬子」「犬子」と呼ばれる、というネタを見てようやく気付きました。
 ……ところで、この子たち生き別れの姉妹だったりしませんか?


かつぶしさんち


 かつぶしさんのところのももさんとそのお姉ちゃん、みかさん、ルビィさん。
 お姉ちゃんの着ている呼子鳥のカラーリングが何となく私の記憶を刺激します。
 うーん……ギャラクシーエンジェル?
 まあ、関係はないんでしょうけれども。

 と、ここまで書いたところでブルーラインさんがいたことを思い出しました。
 そういえば、正面から撮ってなかった……。


バックレー隊

メリーゴーランド


 刀さんのところのバックレー隊とパンツァーサック隊。
 パンツァーサックの方は、獣の人さんのらび子さん(ブログに載っているものからかなり強化されている)とボードバイザーが合体した、メリーゴーランドのような何かに乗っています。
 ……個人的には、この形状を見ると火の鳥の宇宙を漂流する話(宇宙編?)でヒロインが変身した植物のような動物のような生物を思い出します。
 右から2番目の子から生足が突き出てたりしますが、パンツァーサックから生えているわけではありません。
 ちゃんと中の人がいます。
 「まさしく愛だ!」とか何とか叫んでました。


 ……と、ここまで書いたところでそろそろタイムアップ。
 このペースだとたぶん10回ぐらいやることになるよ!
 本当にね、もう、写真がまだすげえ残ってる。

次のページ