容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

武装神姫 ホビコン02東京オフに行ってきました

  1. 2008/12/30(火) 16:26:09|
  2. ┗ ホビコン02東京|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3
 例によってタイトルは間違っていません。
 実家へ出発しようにも網子からの宅配便が来ないので暇潰し更新です。
 埼玉→東京なので、切符の時間に遅れちゃう、というようなことは別にないです。

 さて、今回紹介するのは2007/11/25に開催されたホビコン02東京のゲリラオフの写真です。
 それなりの人数が集まった神姫オフとしては、2007/8/18・19に開催されたキャラホビ2007のゲリラオフ(両日ともオフが開催されたようなので2回分カウント)に続き、3回目となります。
 その前のコミケで3人ぐらい集まったという話も聞いていますが、流石に手元に資料がないのでよくわかりません。

2009/5/3追記
 その後、VOCALOIDで歌う黒子さんのオーナーさんの証言により、2007/5/5のWHF有明16が最初のようだということがわかりました。(当時のレポート)
 その後も"BUSOU SHINKI"の"O"ぐらいまでは作られた神姫文字の"B"が作られていたそうです。
 ……危ない危ない、名前を伏せていたのを忘れるところだったぜ。



 この当時は参加者も少なく、通りすがりの人たちから奇異の目で見られる程度で済んでいたのですが、その後2008/2/24に開催されたWF2008冬では参加者が大幅に増大し、2008/4/6に開催されたホビコン03東京ではとうとうビッグサイト側の職員さん(?)に怒られる、という事態に至ります。
 そして、2008/5/5に開催されたWHF-FINALからは獣の人さんが主催となって会場を確保し、正式に神姫オフが発足するとともに、会場の一部を勝手に占拠する形で行われるゲリラオフは禁止になりました。
 なお、ディーラー参加した人が、自分の卓で周囲に迷惑がかからない範囲で行う場合はゲリラオフにはなりません。

 私が参加したのは上記の中では2007/8/18のキャラホビ2007、2007/11/25のホビコン02東京、2008/2/24のWF2008冬だけですので、記述に不正確な部分があるかも知れません。
 何か間違いがあれば、速やかに修正いたします。
 今思えば、WF2008冬の時点で既にえらいことになっていたのですが、会場をどうにかしようという考えにまで頭が回らず、流れに任せて多くの人に迷惑をかける結果となってしまいました。
 この時期のことは、当時の参加者としては平謝りするしかない状況です。
 せめてできることとして、獣の人さんが主催の神姫オフを、自分にできる範囲で盛り立てていきたいと思います。
 そうすることで、我々と同じ轍を踏む人がいなくなることを望みます。


 えー、暗い話をしてしまいましたが、そろそろ写真の紹介に移ります。
 このときは、浅井さんの卓の一部を借りて、会場内でもオフが行われていました。
 以前にも少し書きましたが、諸々の事情で舞い上がっていた私は、そちらでは全く写真を撮っておらず、いわば第2部ともいえるゲリラオフに入ってからようやくカメラを取り出したのでした。

 ……で、神姫の写真から当時の参加者の方の名前も半分ぐらいはわかるのですが、上記のような暗い話をした手前、伏せておいた方がいいんでしょうか。
 まあ、私のところまで見に来ている方ならばおそらくわかるレベルの人たちなので、どちらでも変わらないような気もするのですが、迷惑が掛かるといけないので微妙に伏せたままにします。

全景1

全景2

 会場全景です。
 この頃はベンチ2つで事足りていました。
 しかも神姫密度が低い!
 でっかい飛行機は多分、1/12乗り物の人が持ってきたものだと思います。


神姫サイズ抱き枕

 おっと、興奮しすぎたようです。


神姫サイズ抱き枕

 神姫破産のぼりの人が持ってきた神姫サイズ抱き枕。
 この周辺の神姫も、大半が神姫破産のぼりの人のものだと思うのですが、最近あまり見かけてない子もいるのであまり自信がありません。
 黄色い呼子鳥を着て革のバッグを持っている子はうちのノチェロさんです。


ライダー神姫たち

 いつもライダー神姫を中心に持ってくる方の神姫です。
 ……ええ、説明になってないのはわかってます。


プラ板神姫とゲッター神姫

 左から2番目はプラ板の人のオリ神姫。
 この頃はまだ、この神姫にあんな運命が待ち受けていようとは、誰一人として予想できるものはいなかったのです……。

 右端のゲッター神姫はライダー神姫の人のものですね。
 隣の一条輝もそうだったかな?


逆光1

逆光2

 このあたりは逆光がきつくてあまりうまく写真を撮れていません。
 この頃すでに、神姫破産のぼりの人は忍者型をロールアウトさせていたのでした。


逆光3

逆光4

 ウェスタンハットで銃を抜こうとしているのはうちのパスティスさんです。
 本当はノチェロさん用に装備を作ったものの、頭のジョイントのせいでウェスタンハットをかぶれずに、なし崩しにパスティスさんの装備になりました。
 装備の基本方針はこの頃から変わっていませんね。
 しかし、いつ見てもこのときのノチェロさんの格好はひどいな……。
 流石に怪しすぎるよ!


逆光5

逆光6

 コアドリルを右手に掲げている黒子さんは、VOCALOIDで歌う神姫ですね。


最後に別角度で


 このときは一応、私の自作紳士としてのデビューでした。
 この前に参加したキャラホビ2007のゲリラオフでは、神姫もない、カメラもないで、紳士の端くれとしては正直歯痒い思いをしました。
 それからおよそ1年ちょっとで、神姫とユーザーを取り巻く環境は大きく変わり、その中でどうにかこうにかやってこれたのは、「神姫可愛いよ、神姫」という気持ちがあったから……ではなく、陰になり日向になり、支えてくれた方がいたからだと思います。
 私は あまり表に出ていく性格ではないので、「支えてたのって誰だよ?」と思われるかも知れませんが、主に他の方の作品を見ることで支えられていました。
 良いものを見るとやる気が出るタイプなので……。

 神姫と出会って、その縁でたくさんの紳士・淑女と出会って。
 そのすべての人たちと、すべての出会いに感謝を。


 Let's enjoy 神姫ing!!


 ……暇潰し更新のはずだったのに、何でこんなことになってるんでしょうか、私は。
 なんだか最終回みたいな文章だけど、今年最後だから良いよね!
 もちろん、このブログもまだまだ続くよ!

実家に帰省してきます

  1. 2008/12/30(火) 02:54:57|
  2. 近況・その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 まあ、元々気まぐれ更新なので、ちょっとぐらい間があいても問題ない気はしますが。
 戻ってくるのは1/4ですね。

 一応、ホビコン06東京オフの画像編集は終わって、獣の人さんに送りつけました。
 画像の枚数が132枚もあって1回では送れなかったので2回に分けて……。
 ちなみに、前回送ったのは47枚。
 撮影者が五人で画像総数が350枚以上だったそうなので、平均からすると割と少なめであったようです。
 仮に今回も同様の比率であるとすると、参加者が前回の約2倍、一人あたりの画像枚数が約2.5倍ということで、予想画像総数1750枚オーバーという素敵な数字が出てきました。
 2000枚の大台も見えてくるほどの数字ではありますが、今回は参加者の「ひんし」率も高かったので、全体的には減少傾向なんじゃないかと予想しています。
 個人的な考えでは、1000枚行くか行かないかというところでしょうか。
 流石に獣の人さんの体調が少々心配です。
 何せ、2/22〜5/6の2ヶ月半に関東4回、神戸1回の月刊神姫オフ、それに加えてはんまーやらなにやらって、どう考えてもシャレになってないスケジュールが待っているのです。

 で、実家でも更新しようかと思ってオフ会の画像データを見てみたら、画質調整後のオリジナルサイズの画像だけで10GBありました。
 持って帰れるか、こんなもん!
 画質調整をしているときに、構図の取り方とか色々と不満点も出てきたので、状態によっては縮小せずに画像を切り出して使おうと思っているので、そのままの画像が必要なんですが。
 ちなみに、獣の人さんに送った方は簡易版的な位置付けです。
 仕方がないので、簡易版を見ながらコメントの下書きだけでもしましょうかね。

武装神姫 ホビコン06東京オフに行ってきました2

  1. 2008/12/25(木) 01:00:06|
  2. ┣ ホビコン06東京|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
 こんなタイトルですが、当日の戦利品紹介です。
 例のものも届きましたしね。

戦利品


 後ろの箱が、オフ会の交換スペースでもらってきたユージンの「デザイナーズ ファニチャー 1/12 内田 繁 編」、左端がホビコン会場で購入したファンタスティック・プラネットさんの「パンチンググローブ 2組セット(神姫用)」、中央が同様にホビコンで購入したForest Notesさんの「まるいの」、そして右端が、帰宅してからゆこたんヌさんの通販で購入した「小花柄ワンピース(生成)(注:画像のパーティオは付属しません)」です。
 「まるいの」は、オフ会場で出そうと思って買ったのですが、当日連れていったメンバーはケモテック率0%(ちなみにフロントライン率62.5%)だったので、微妙に合わないかな、と思ってやめました。
 今になって冷静に考えると、ぶち猫の方はともかく、黒猫の方はストレガさん(魔女っ子)の使い魔っぽくて良かったかも知れません。
 実は、「まるいの」は普通の綿が入ったぬいぐるみだと思っていたのですが、軽さや手触りから察するに中身は発泡スチロールのようです。
 しかし、縫い目が見当たらないので、どうやって作っているのか非常に気になります。
 表面はフェルトっぽくも見えますが、毛糸のような気がします。


 ……さて、気になるのはデザイナーズ ファニチャーの中身です。
 箱の後ろにはラインナップが掲載されており、椅子やらテーブルやらが入っているようです。

ラインナップ


 私は1/12の椅子を持っていないので、テーブルが出たらちょっと微妙だなあ……などと、その時は呑気なことを考えていたのです。
 ……何やら妙に厳重に封がされていることに不安を覚えつつ、いざ開けてみると。

こんにちは!


 …………。
 ええと、こんなもの、ラインナップにありましたっけ?

ラインナップ拡大


 ……ああ、これ、棚だったんですか。
 正直、ただの模様だと思っていましたよ。

組み立てました


 ああ、ものすごく微妙です。
 こんなサイズの棚にしまいたいものなんてありませんし、牢屋ごっこやジャングルジム代わりにするにも縦の板が斜めになっているこのデザインが邪魔をします。
 どなたか、使い道を思いついたら私にそっと教えて下さい……。


 そして、ゆこたんヌさんのワンピースですが、やはり他の方が作った服は参考になります。
 どうしても、人間用の服を神姫サイズに縮小しただけでは神姫服にはならないのです。
 布の厚みであったり、裁ち目の処理の仕方であったり、その他もろもろが人間の手では作れないほど細かくなってしまうので、どこかでデフォルメや省略を入れてやらなければいけないのですが、人間の服を見ているだけではそれは学ぶことができないのです。
 まあ、自分で考えて作るというのもアリですが、経験値が低い状態でそれをやっても効率が悪いのです。

 しかしまあ、なんというか、私が作ってる服がどれだけ「自分用」という前提で処理されているかがよくわかりました。
 とりあえず、私もオフ会のジャンケン大会に出せる程度のものを次の目標にしたいと思います。

武装神姫 キャラホビ2008オフに行ってきました4

  1. 2008/12/24(水) 01:12:13|
  2. ┣ キャラホビ2008|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
 さて、それでは早速本日分の紹介を始めましょうか。

 ……タイトルが間違っていないか、ですか?
 間違っていません。
 なぜならこれは、放置に放置を重ねたキャラホビオフ会写真の、最後の大放出なのですから……。
 残念ながら、すべての写真にコメントをする時間は残されていません。
 ホビコンオフ写真の画像編集もまだ終わっていないのです。
 今回は写真をRAWデータで保存したせいで、ホワイトバランスの調整やら露出の調整やら凝りだしたら止まらない状態になってしまったので……。

 一度に大量に写真を出されると、どうしても散漫になってしまってどこを見ればよいのか分かりにくくなる(コメントがなければなおさら)ことは私としてもわかっているので、ホビコンの分は何とかしたいところです。











































































 さて、最後に、どうしてもツッコんでおきたかった写真にだけはコメントしておきましょう。




 静音さん(中央、水色の髪のフブキタイプ)、そんな物騒なものを隠し持っていたんですか……。
 4か月も経ってからツッコまれるとは、流石のMK−Nさんも思うまい。
 ちなみに、撮影した写真は全て獣の人さんにも渡しているのですが、流石にこれは没になってました。
 撮影意図が分かりにくい写真なので当然なのですが。
 本来はズームを使うべきところなのですが、当時は手ブレを恐れるあまり全くズームを使っていなかったのです。
 というか、ホビコンオフでも前半はズームを使っていません。
 今回から導入したケーブルレリーズの実力が確認できて、ようやく安心してズームを使えるようになりました。
 このあたりの話は、写真撮影の技術的な話が絡んできてちょっと長くなりそうなので、日を改めて解説したいと思います。
 写真魔道も奥が深いのです。

武装神姫 ホビコン06東京オフに行ってきました1

  1. 2008/12/21(日) 23:25:33|
  2. ┣ ホビコン06東京|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 いやあ、暑かった……もとい、熱かった!!

 もう真冬だというのに、紳士・淑女たちの熱気でオフ会場内はえらい気温になっておりました。
 参加人数も(ホワイトボードに書いてあったのを見た限り)38人ぐらいだったようですが、各人が複数の神姫を持ち込んでいるため、全体ではおそらく200姫を超えていたのではないでしょうか。
 私は基本的に1発撮りで、1〜3神姫を中心に撮ることが多かったのですが、それでも150枚以上の写真を撮り、その上で全てを撮ることができなかったという圧倒的な物量でした。

 とりあえず、今日はまだ写真の整理などもできていないので、つらつらとダイジェスト形式で書いていきたいと思います。

・ホビコンの会場内で、紳士・淑女に続々遭遇。
 まず、最初にちびすけパパンの卓に行って展示を軽く撮影したのち、端からぶらぶらと眺めていると、会場の1/3ほど行ったあたりで見知った顔を発見。
 Amberさんとゆこたんヌさんがいるのにも気づいてはいたのですが、流石にこちらの顔までは覚えていないだろうと思い、以前に約束していたものをフジワラウサギさんに渡しつつ挨拶。
 そのまま合流し、ぷらぷらしたり、会場の出入り口付近のベンチで話をしているうちに総勢9名まで増殖し、ビッグサイト構内の喫茶店で昼食をとったあと、オフ会の会場に向かいました。
 ちなみに、増殖の経緯が省かれているのは、顔と名前がまだ一致していない方がいらっしゃるので、順番がいまいち不確定なためです。
 前述の自分を含めた4人のほかは、(か)さん、マエケンさん、MK−Nさん、takamuraさん、呀龍さんがいらっしゃった……はず、です。
 間違ってたら、後でこっそり修正します。

・(か)さんの12/1のあれについて
 最初に袋を見せられた時、板状のものだということはわかったので、連想したものはウェルクストラのシールドでした。
 しかし、本来ならゆるやかにカーブしているはずで、大きさももっと大きいはず……と思いつついろいろ考えてはみたものの、実際に見るまで正解にはたどり着かず。
 どうやら、袋の外形に惑わされすぎていたようです。
 正解が知りたい方は、他の参加者の方のブログを見ると良いかもしれません。

・オフ会場にて
 オフ会場についてみると、既に十数人の紳士達が、展示準備を始めていました。
 我々もすぐに展示を開始し、数十分が経過したのち、会場内はあのまとめサイトの画像掲示板や、あのブログや、あの模型誌や、あの模型SNSで見た神姫でいっぱいに。
 正直、巨大掲示板で叩かれて以降、神姫オフの参加者はブログ同士の横のつながりで来る人と、会場を借りて行うようになる以前からの常連さんが中心だと思っていたので、模型SNSでしか名前を見たことがない方がいらっしゃっていたのには少し驚きました。
 今回が初参加という方も結構いらっしゃったようですし、意外と潜在的な参加希望者は多いのかも? と思いました。
 ……そういえば、私はmixiのアカウントは持っていないので、そちらからのつながりはまったくわからないのでした。

・夜なべして作ったfigma用ペーパークラフトのクリスマスツリーについて
 ええ、実はあれを作るのに昨晩は一睡もしてなかったのです。
 ……昼間にたくさん寝たけどね!

 皆さんおなじみ、浅井真紀さんの制作したペーパークラフトを、著作権表記が入っていないのを良いことに(編集にはAdobe Acrobatではなく、CorelDRAWを使用したので正確なところはわかりませんが、編集禁止のロックもかかっていなかったっぽい)ちょこちょことデータをいじくり、玉状の飾りがついているような状態にして印刷し、会場に持っていったのです。
 昨日言っていた「あとひとネタ」がこれですね。
 本当は、帯状の飾りや雪も入れたかったのですが、サンプルを作って調整している暇はなかったので断念しました。
 玉状ならば大丈夫だろうと思ってやってみたのですが、少し位置が高すぎて、枝を目いっぱい広げてやらないと見えない飾りも多いです。
 あとは、切り取り線に飾りが被っていたりとか……。
 正直、見向きもされなかったらどうしよう……と思いつつ、用意した11枚(たぶん)は、すべて無事に引き取られて行きました。
 大量に残っていたら一人ツリー祭をしなければいけないところだったぜ!
 それから、赤い玉と青い玉は、本来の印刷とは違う工程で無理やり印刷しているので、強くこするとはがれることがあります。
 まあ、下地の銀箔印刷が出てくるだけなので、問題ないといえば問題ないのですが。

・時間に余裕のある紳士達で夕食を食べた後に起こったこと。
 店を出ると、入った時には吹いてなかったような強風が吹いていました。
 あまりの風に真っすぐ歩けないほどで、「こりゃいかん」と、風除けとして建物の陰に入ろうとしたときにそれは起こりました。
 一人の紳士が、風に背中を押されつつ歩いていたところ、既にあたりが薄暗かったために段差を見落とし、バランスを崩して見事にすっ転びました。

 ……ええ、もちろんそれが私です。

 カメラも神姫も、私自身にも特に被害はなさそうです。


 とりあえず、すぐに思い出せるネタはこのぐらいでしょうか。
 あとは、写真を見ながらじっくりやりたいと思います。
 皆さん、お疲れ様でした。

次のページ