容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

川越に行ってきました

  1. 2009/09/20(日) 20:13:57|
  2. 近況・その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4


 いや、まあ私も川越市民なんですけど。
 自宅からは、いわゆる「蔵造りの町」や「時の鐘」がある辺りまでは電車に乗らないと少々大変な上、駅からも結構歩くので、実はあまり行ったことがなかったのですよ。
 以前、自転車で行ってみたらものすごい汗だくになりました。
 歩道が狭くて自転車で行くには辛い道も多かったですしね。
 ちなみに、上の画像は武州ガスのガスタンクです。
 我が家でもいつもお世話になってます。



 ちなみにこれが「時の鐘」。
 ……って、鐘が全然見えないのでちょいと修正。



 朝の連続テレビ小説の影響で、予想通りかなりの人波でしたが、人口密度の高い地域は時の鐘周辺や菓子屋横丁など、かなり限定される印象ですね。
 それでも、行くならば今のブームが落ち着いてからの方がいいとは思いますが。

 さて、川越の名物というと、近くを流れる新河岸川でとれる うなぎをはじめとした川魚料理や、前述の菓子屋横丁で売られている駄菓子(90cm以上のロング麩菓子とか)もありますが、今回は油甘物というレギュレーションが一応あるので、いも菓子を中心に行ってみたいと思います。
 個人的には、くらづくり本舗のスイートポテト「べにあかくん」や さつまいもパイ「久太郎狐(きゅうたろうぎつね)」が結構好きなのですが、近所でも買えるので今回はスルーしました。
 あと、右門の「いも恋」は食べたことはないのですが、これも近所で売っているのを見たことがあるのでスルー。
 まあ、川越物産展みたいなのを近所でやっていれば、今回紹介するものも ある程度買えるのですが。
 ちなみに、野外撮影した写真もありますが、私は野外ではエア神姫派なので心の目で見てください。





 まず、稲葉屋のいもどうなつ。
 白飛び&保護色で餡がどれだけ入ってるのかわかりにくいですが、いも餡のアンドーナツといったところ。
 いや、衣はアメリカンドッグに近いですかね。
 外はカリカリ、中は……うーん、もう少ししっとり感が欲しかったかな。
 餡に対して衣が厚い気がします。
 餡は甘さ控えめ。



 稲葉屋では色々詰め合わせも買ったので、後で食べます……が、感想を書くかは未定。
 手前のスイートポテトを1個だけ食べましたが、個人的には いもどうなつより、こちらの方が好み。
 年齢的に揚げ物が辛くなってきたとも言いますが。
 別の場所で紫芋入りコロッケも見かけましたが、胃にもたれそうなのでスルーしましたとも。
 きれいな紫色(ラベンダー)をしていました。



 翠扇亭の芋ソフトクリーム(ミックス)。
 買った後、撮影できる場所を探して移動したので少々溶け気味です。
 味はさっぱり系のベースの中に、いもの甘みやコクが入ってくる感じ。
 例えば、ハーゲンダッツのリッチミルクは、バニラに比べると すっきりしすぎていてコクが足りないという印象があるのですが、そこに裏ごしした芋を入れたらこんな感じになるかなあ、という気がします。





 同じく翠扇亭の芋太郎。
 撮影場所が違うのは、ソフトクリームを買ったときはちょうど売り切れていて、焼き上がり待ちだったため。
 簡単に言うと、焼き芋を三角形に成型し直して焼いたもの。
 餡などは入っていません。
 味自体は良くも悪くも焼き芋ですが、食感は変わってきます。
 焼き芋に時々あるような筋張った部分はなく、柔らかいです。





 亀屋の亀どら。
 今回は基本的にいも菓子に絞るつもりが、さつまいも餡は季節限定で含まれていないことに帰宅後気づきました。
 まあ、いいか。
 「亀どらのつばさ」だけは、朝の連続テレビ小説に因んで背中に翼が付いています。
 金型代の回収が……とか思ってしまうのは、模型に足を突っ込んだ者のサガでしょうか。
 ちなみに、どら焼きなのに皮だけでも販売されているという珍しい商品で、それだけ皮に自信があるということのようです。
 確かに、柔らかくも もちもちとしていて、なかなかおいしいです。
 個人的にはお茶が欲しくなる甘さ。

 ……といったところで、購入物は終了。
 なぜか、レビューのような体裁になっていますが、あくまでも私個人の感想です。
 すべての人に同じ効果を保証するものではありません。



 たまたま見つけた看板。
 ネーミングがアナーキーすぎる。
 というか、以前にVOWかネットのどこかで見たような気がするので、「ここにあったか!」という感じではあるのですが。



 そして、川越商工会議所がかっこよすぎる。
 裁判所とかなら、このデザインでも違和感がないんですが。
 周囲には、個人宅も含めて江戸時代から昭和中期ぐらいまでの、時代を感じる建物が多いだけになおさらです。
 ただまあ、明治、大正あたりの建物は結構ハイカラな印象もありましたが。

 実は、この後買い出しに行こうと思っていたものの、意外と時間が掛かってしまったのと疲れたのとでそのまま帰宅。
 ……というところで今回は終了です。