容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

次の予定とか。

  1. 2009/06/08(月) 03:04:58|
  2. 近況・その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
 随分とご無沙汰でしたが、ネタがなかったので。
 ……いや、そういうときにオフレポ書けよ、という感じではあるのですが。

 まず、ジェノザウラーはしばらく封印。
 あの後、イラストを確認してみましたが、完全再現はまず不可能なレベル。
 ある程度の再現度でも様々なジャンルの技術が必要なので、「今後の目標リスト」の一番最後に入れておきます。

 ちなみに、今までリストの一番最後にあったのはレザーアーマー。
 鎧の資料本(実際に当時の製作方法で作った鎧の写真が載っている)を買ってみたりもしたのですが、革の鎧なんて載ってません。
 よくよく考えてみれば、ローマの剣闘士の時代にはすでに青銅の鎧が存在していたわけで、革の鎧の実用性がどれほどあったのか、という点についても少々疑問が残ります。
 冶金技術の低い時代であれば、革でも刃物を十分に防ぐことができるとは思うのですが。
 資料本も斜め読みしただけなので、私の知識自体はだいぶ怪しいのですが、革の鎧が本当に存在したのかどうかも確定的な情報がないのですよ。
 仮に存在していたとしても、経年劣化で現在までそのままの状態で残っているとは考えにくいですし、わざわざ作る人もいないので、とうの昔に失われた技術になってしまったのではないかと思います。
 ちなみに、女性が鎧を着ることはごく稀なことであったため、女性用の金属鎧の資料もほとんど見つかりません。
 これらのことから、神姫用の鎧は人間用の鎧をスケールダウンするのではなく、神姫の可動範囲を考えた上で一から構造を考えるべきではないか、という結論に達しました。
 まあ、デザインをどうするかで悩んでほとんど放置状態なのですが。
 少なくとも、先に革製ブーツをなんとかしないといけませんしね。

 カノントータスの方は、ネタ的に別に面白くないような気がしてきたのでやめます。
 代わりに、他の方の神姫を参考にして装備を作ってみようかと。
 これまで、武器と鞘と服しかやってないので、この辺りでまた違うことをやろうと思います。
 デカールを作ってみようと思って買ったソフトより、おまけで付いてきたRAW現像用のソフトの方が稼働率が高かったりしますし。

 とりあえず、今日はここまで。

<<  武装神姫 ホビコン07東京オフに行ってきました3  |  ホーム  |  本日は印刷関連ネタ。  >>

コメント

革製防具の硬度というと、剣道の胴くくらいの強度はあるので使われていたとは思います。
が、多分に実戦だとこれをベースにして上から金属での補強(リングメイルやスケイルメイル)として使われていたと思います。

ファンタジーっぽいレザーアーマーが使われるとしたら、もっと後になって銃がメインになり、プレートが意味をなさなくなった頃が(メイン武器がマスケットとショートソードになるので、軽い対近接防具が出てくる)一番あやしいかと思います。
  1. 2009/06/09(火) 00:33:30 |
  2. URL |
  3. 祭 #-
  4. [ 編集]

本文に書いた資料をざっと読み返してみたのですが

 本の記述の中では、エジプトあたりの壁画に書かれているものがあるみたいですね。>革鎧
 金属製に比べて軽いという利点はあるのですが、体に密着して装備するものなので、多少重量が増えても致命的な影響はないんですよね。
 なので、どうしても革鎧を使わないといけない状況が考えにくいのと、材料の関係で容易には増産できない(牛などの家畜を増やすのも短期間では限度がある)ため、性能的に要求が高まったとしても、大流行とまではいかなかった可能性の方が高いと思います。
 まあ、神姫用の装備として考える場合は史実に関して考証する必要はないのですが。
 使用される武器がプラ製やレジン製ならば、衝撃吸収性を考えると結構有利なのではないかと。
 ガチ刃物はやめていただきたいところです。
  1. 2009/06/09(火) 02:09:53 |
  2. URL |
  3. 九条和馬 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する