容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

本日は印刷関連ネタ。

  1. 2009/06/15(月) 01:53:46|
  2. 近況・その他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3
 私はデカール作成用に(と言いつつまだ一度も作っていない)、ALPS社のMD-5500というプリンタを使っているのですが、これが昔懐かしいインクリボンを使用するタイプなのです。
 ワープロ専用機の全盛期をご存じの方には言うまでもないでしょうが、インクリボンに乗っているインクを熱によって紙に転写するという性質上、印刷物に乗ったインクの量と、消費されるインクリボンの量はイコールではありません。
 極端な話をすると、紙の全面に黒をべた塗りする場合も、紙全体に斜めの縞を印刷する場合も、インクリボンの消費量は同じです。
 ただし、後者の場合はインクリボンの方にはかなりの量のインクが残っているので、インクリボンが最後まで行った時点で裏返して使うことで、試し刷りやちょっとしたメモ程度の印刷には十分使える場合もあります。
 しかし、MDシリーズ用のインクリボンには識別用のバーコードが付いており、そのまま裏返しただけでは使えません。
 普通は元から付いているバーコードを剥がして貼り直すのですが、バーコードシールの粘着力が結構強いので、剥がさなくても済むように自作バーコードのデータを作ってみました。
 MDシリーズのプリンタで、フルカラー+特色フラッシュカラー(実際に使うのはCMYKとフラッシュシルバーのみ)の設定にして、コピー用紙に印刷してください。
 あとは、切り取って両面テープでリボンカセットに張り付ければ使えます。
 OKIの特色レッド・ブルー・グリーンを使うときにも、わざわざ他のインクリボンから剥がしてこなくても済むので便利です。
 バーコードの内容は使用頻度の高そうなもの……というか、私の手持ちで必要なものをチョイスしてありますが、私が暇な時ならばリクエストに答えます。
 データが1行分しかないのは、A4用紙1枚分にびっしり印刷しても使いきれないからです。
 紙よりインクの方が高いので。

 そして、このファイルのPDF化作業中に、以前に色が変わってしまって困っていた『極意の巻"飯綱"』のペーパークラフトも、原因が判明したのでPDFファイルでの配布が可能になりました。
 RGBとCMYKの変換アルゴリズムがソフトによって異なるらしく、本来はRGBでやり取りされるデータの途中にCMYKとの変換が入ると、データの一貫性が失われるようです。

 今日はこんなところで。

<<  次の予定とか。  |  ホーム  |  WF2009夏オフの準備  >>

コメント

アルプス電気のプリンターというと、白がプリント出来るやつですね!
それがあれば、停滞中のカストラート(センコロの機体)の面倒な白兎マークも、アークさんのロゴも…。ウラヤマシイ…。

話変わってバトロンメインになりそうですが、私もブログとか始めてみましたのでリンク貼らせていただきました。
  1. 2009/06/16(火) 23:15:21 |
  2. URL |
  3. 祭 #-
  4. [ 編集]

そういえば、まだ白をプリントしたことがない。

 印刷用の元データがあれば、デカールシートを用意してもらってこちらで印刷してオフ会などに持っていきますが、waveのデカールシートがB5なのと、印刷不可領域が広めなので、このプリンタを持っていない人がデータを作るのは少し難しいかもしれません。
 まあ、ベクターデータで書かれてれば、並べ直しとかはすぐできるんですが。
 

 リンクの件は問題ないですが、ブログのURLはまだ未公開ですか?
  1. 2009/06/17(水) 01:35:25 |
  2. URL |
  3. 九条和馬 #-
  4. [ 編集]

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです
  1. 2009/06/18(木) 00:14:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する