容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

武装神姫 ガルガン用の鞘1

  1. 2008/08/21(木) 01:53:06|
  2. レザークラフト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 エアブラシの新しいハンドピースが届きました。
 ……が、トリガータイプのため今持っているスタンドに置けません。
 とりあえず純正のスタンドを注文したので到着待ち。
 まあ、スプレーブースも常設ではないので、どちらにせよ平日に塗装する気にはなれませんが。

 ガルガンの方にも鞘を作ろうと思っているのですが、片刃の曲刀であり、しかも先端に太くなっている部分のあるガルガンの場合、素直に作ってしまうとだいぶ野暮ったい形状になってしまいます。
 特に、納刀時に余ってしまう部分が気に食わない。
 そんなわけで、内鞘と外鞘の2段構成にし、かつ可変させることで、「鞘を背負ったままでの神姫による自力抜刀」が可能にならないかと考えました。
 内鞘は先端部のみ袋状になっており、少し引き抜いたところで横方向に動かすと抜刀できる構造にし、外鞘は横方に動くのを止めるため、中央の細い部分に巻くような感じ。
 文字で説明しても分かりにくいかもしれませんが、考えながら描いた模式図をみるともっとよくわからないと思います。
 ひとまず、内鞘を作るため、革をガルガンにフィットさせる作業から開始。
 例によって、革に水をつけてガルガンに押し付けて変形させます。

このぐらいでいいだろうか


 とりあえずそれっぽい感じになったので、神姫に合わせてみると……どう考えても自力抜刀は不可能。
 鞘の位置を下げれば可能ではあるのですが、かっこ悪くしてまでこだわる部分だとも思っていないのでパスすることに。
 まあ、内鞘を先端方向にスライドさせればいいのですが、革と真鍮線だけでそれをやるのは厳しすぎるので、見た目だけ自力抜刀できそうな感じを目指そうと思います。
 そもそも、スナップボタンをつける時点で完全な自力抜刀は不可能ですし。

<<  武装神姫 バルムン用の鞘 補足  |  ホーム  |  武装神姫 ガルガン&バルムン2  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する