容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

武装神姫 ホビコン06東京オフに行ってきました5

  1. 2009/01/07(水) 01:36:07|
  2. ┣ ホビコン06東京|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 そんなわけで、ホビコン06東京オフで撮影した写真の紹介の続きです。
 ええ、前回と同じ出だしです。
 今回は、素晴らしきフブキの会関係の神姫を紹介しようかと思います。
 ……なんか、私が布服祭の札を置いて布服神姫が集合した結果、フブキの会の皆さんが分断されるような形になってしまった気がします。
 場所取りは運やタイミングが絡むものではありますが、もう少し何とかできなかったものかと思います。
 私だって(か)さんの12/1白詰草をバックにみんな並べて撮りたかったよ!
 本当にすみません。

フブキ軽装型

 まず、新メンバーである ふぉぼすさんのフブキ軽装型から。
 原画は、皆さんご存じのとおりフミカネパパンです。
 ピンボケですいません。
 なんでも、製作期間は一ヵ月半だとか……。

琥珀さん

 ここからは以前からのメンバーなので、簡単に。
 ゆこたんヌさんの琥珀さん。
 どことなく寂しげに見えるのは、あの方の神姫がそばにいないせいでしょうか。

コトミさん

 マエケンさんのコトミさん(と、忍者服装備の武士子さん)。

Amberさんの3姉妹

 Amberさんの3姉妹。
 この間隔で無理に3体入れると構図的にかなりの無理が出ますね。
 個別に撮るべきでした。
 つーか、目立ちすぎですよ、まおたんヌ。

フジワラウサギさんの3姉妹

 フジワラウサギさんの3姉妹(当時)。
 ええ、これを書いている時点で既に5姉妹+製品版になっております。

静乃さん

静音さん

 MK−Nさんの静乃さんと静音さん。
 静乃さんは飛鳥さんがベースになっているのですが、飛鳥さんの武装腕の手を使っていることに、写真チェック中に初めて気づきました。

12/1白詰草

 そして、大トリは(か)さんの12/1白詰草(手裏剣)。
 写真ではわかりにくいですが、下の方にちゃんとグリップがついています。
 あの日、もし土偶さんのフブキさん発売記念パーティーが開かれていたら、頼りになるのは(か)さんだけということに。
 危ないところでした……。

 そういえば、フブキの会ののぼりはちゃんと撮っていなかったなあ……。
 そんなことを思いながら、また次回。

武装神姫 ホビコン06東京オフに行ってきました4

  1. 2009/01/06(火) 01:07:12|
  2. ┣ ホビコン06東京|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 そんなわけで、ホビコン06東京オフで撮影した写真の紹介の続きです。
 いきなり自分のところの子だけ紹介して終了、というわけにもいかないので、日付をまたいで連続更新。

 ここからは、基本的にコメントしやすい順になってます。
 あと、ホワイトバランスは白がきれいに出るように調整していますが、一部の写真はわざと赤っぽいままにしてあります。
 その方が夕焼けっぽくて格好いいと思ったので。

SASAKIさんの神姫たち1

SASAKIさんの神姫たち2

SASAKIさんの神姫たち3

 SASAKIさんの神姫たち。

 ハンマーを持っている小黒(シャオヘイ)さんの武装は合体神姫の腕部分も担当しています。
 凶悪な武装と気弱そうな表情のギャップがいいです。

 時雨さんのコートについて、言っておかなければならないことがあります。
 以前、某所で「フードつきの服を、ロングヘアに合わせて作ると襟周りの広い不思議な服になる」という発言をしたのですが、その時点でこのコートのことは知っていました。

 しかし!
 敢えて言おう!
 「不思議な服=ダメな服」ではないと!

 重要なのは、着る人のキャラクター性です。
 これが威吹さんとかだと、「何でそんな服着てるの?」と思ってしまうところですが、時雨さんの場合は違います。
 喜んで着そうなんですよ、この子は!
 というか、100%喜んで着ます。
 間違いない。
 何が言いたいかというと、要するにかわいいのでOK。

 自作バイクに乗っているのは威吹さん。
 バイクはエウレカセブンのDVDパッケージのものをもとにしているそうです。

tabbyさんの神姫たち

 tabbyさんの神姫たち。
 合体神姫の胴体担当のアケイライ型カプトグラヂオラさん(右)……は見切れているので、他の写真参照。
 民族衣装風の服を着ているのはえりかさん。
 初布服だそうですが、こういう服も良いなあ……。

 そして、合体神姫の足の人は誰だっけ……と思いつつ、合体神姫を中心に撮った写真がないことに気づきました。
 次回はもっとちゃんとやります。

合体神姫(腕なし)

 ……他の写真探してたら発見したよ、合体神姫(腕なし)!
 そういえばなんか、準備中だったんで撮ったあと別の方向に移動したような覚えが。
 合体神姫の完全体はSASAKIさんのブログに掲載されてました。
 流石に、ポーズ違いや装備違いの写真まで一人でフォローするのは無理です……。

電飾神姫たち1

電飾神姫たち2

電飾神姫たち3

 電飾神姫たち……って、半分は神姫じゃありません。
 1枚目はtakamuraさんのマリーさんと、MK−Nさんの本体……げふん、クマッガイ。
 この写真では普通ですが、3枚目ではクマッガイの目の輝きがすごいことになっていて吹きました。
 撮った時はラビボン(黄)の目がいい感じに光っていて「やったぜ!」と思ったのですが、輝度はともかくインパクトではそれをあっさり超えてきました。
 流石クマッガイだぜ……。

 2枚目はシュメッターリングシリーズ。
 電源ケーブルに、まだ空きがあるだと……!?

 後ろの方に、宝石剣を持った遠坂凛がいますが、点滅ものだったせいかあまりうまく撮れませんでした。

 そうそう、takamuraさんには撮影時にラビボンたちの電飾を点灯していただき、ありがとうございました。
 何でも、電池のサイズが小さいので付けっぱなしだとすぐへたるのだとか。


 こんなところで、今回はお開きにしたいと思います。
 原稿はある程度用意してあるとはいえ、あまり一気に見せられても印象が薄くなってしまうと思うので。
 それでは、また次回。

武装神姫 ホビコン06東京オフに行ってきました3

  1. 2009/01/05(月) 23:05:42|
  2. ┣ ホビコン06東京|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 そんなわけで、年も明けてしまいましたが、ホビコン06東京オフで撮影した写真の紹介に入りたいと思います。
 本当ならば昨日更新するつもりだったのですが、新調したカメラに合わせて購入した三脚をいじってるうちに深い時間になってしまったので断念しました。
 買ったその日にパーツ紛失→代わりを注文→寝る直前に発見、のコンボを新年早々やらかすとは……。
 まあ、失くしたパーツというのが三脚用のバッグを固定するパーツで、あまり好みのバッグではなかったのでまあいいんですが。
 足部分だけのバッグで、本体がほぼむき出しというのは危ないですしね。
 でも、メーカー純正で合うサイズのバッグを作ってないのはどうかと思いました。
 結局大きめのやつを買いましたけどね。

 オフ会の写真の前に、ちびすけパパンの卓で少し写真を撮ってきたのでその紹介を。

新メンバーズ1

新メンバーズ2

 新メンバーについては、顔の方がまだできていないのか、眠り顔・未塗装状態での展示でした。
 この写真では細部がよくわからないので、できれば他の方のサイトで確認してほしいのですが、私もちゃんとした写真の載っているサイトを見つけられていません。

 しかし、画質が悪いですね。
 普段は三脚に頼りきりなので、三脚が使えない状況でどこまでシャッタースピードを下げられるのかわからず、ISO値を上げすぎました。
 次回までにそのあたりも把握しておかないといけません。

 ……カメラといえば、私が最初に買ったのがマニュアル撮影もできるFinePix F810だったので、常々「光が足りないならシャッタースピードを落とせばいいじゃない(マリー)」と言っていたのですが、実家でFinePix F401を見たら、マニュアルモードがホワイトバランスと明るさとISO値の設定しかなくてびっくりしました。
 私も元々カメラ好きというわけでもなく、割と適当に選んで買っていたため、ちゃんとしたマニュアル撮影機能がついてるのが普通だと思ってました。
 まさにマリー。
 ちなみに、最近はケーブルレリーズを使っていますが、これに対応している機種はコンパクトデジカメでは少ないです。
 動くものを撮る場合はまた別かも知れませんが、模型関連だと実質、2秒タイマーが面倒という人のための横着装備なので。

トナカイ

 なんとなく、真鍮線のトナカイも撮ってきましたが、よく考えたら去年あたりも飾ってあったような。

バトルロンド

バトルロンド拡大

 バトルロンド(無料)。
 靴下に入っている人形の背中側についているスイッチを押すとパンチが打てるので、2人で互いに打ち合って頭が取れたら負けというルールです。
 腕はちゃんと左右別々に動くぜ!
 私が行った時に隣の人が説明を受けていましたが、実際にこれで戦った人はどのぐらいいるのでしょうか。
 これの説明、私が普段見ている範囲のサイトでは見かけなかったんですよね……。
 あ、これ、シュメ子がトナカイだからもう一人がツガルなんですね。

 そろそろ会場に移ります。

会場全景

 上の会場全景は、フジワラウサギさんのスタンド強度耐久テストが撤収したあとなので、真ん中あたりが広く開いてます。
 かなり終盤近くになってからだったので、他にも撤収済みの人がいたかも。

 さて、オフの会場に移って、まずはうちの子たちの紹介から。
 こういう場でいきなり自分の神姫から紹介するのもどうかとは思いますが、うちの場合は普段あまり紹介してあげられていないので、こういう機会に紹介しておきたいと思います。
 完全に、買う量>作る量>上げる量 になってますからね……。
 あとは、自分で調べなくても書きやすいというのもあります。
 前回のキャラホビでは、撮影順にこだわったせいで時間が掛かってしまい、そのせいで後の方に撮った方が割を食った感もありますので。
 ……全部ちゃんと紹介できれば何の問題もない話ではあるんですけど。

うちの子たち1

 右が寅型のトマトマ。
 軽装でありながら、標準装備の刀剣類を7本すべて装備するというコンセプトです。
 大剣「朱天」の鞘は、基本的にはベルトをつけて背中に背負うようになっていますが、グリップがついているので、写真のようにレザーシールドとして使うこともできます。
 シールド装備のために、この子の左腕には袖をつけないのがデフォルトです。
 腰の鞘も、中身を考えるとだいぶ太く出来上がったのですが、実際に装備してみると鎧の直垂みたいになったので、これはこれで防御力に寄与していると考えることにしました。
 他の子もそうですが、マフラーは(有)二階堂商店の嫁子さんのものを元に、最後に毛糸を結ぶところを横着したものです。
 これについてもいろいろ作ってみたので、そのうち紹介したいと思います……が、一体いつになるのやら。

 左は試作品をいろいろまとめたものです。
 素体ヘッドの口を加工して笑顔にしたものに、黒子足のつま先のナイフを持たせてみたら、かなりホラーな雰囲気になったのでナイフの鞘を作ってみたんですが、鞘を装備したら逆に怖くなくなりました。
 鞘はナイフの厚みを考慮するのを忘れていたため、鞘に納めてみると微妙にナイフが飛び出ます。
 レザークラフト講座の悪い例に使うことにします。
 革の染色にも挑戦してみたのですが、水で薄めることもできるクラフト染料だと、色移りが激しくてちょっと微妙でした。
 まだ溶剤が完全に乾いていなかったせいかもしれませんが……。
 発色は結構鮮やかだと思うのですが、革の端の方では色が薄くなる傾向があって、色むらができやすかったのも悩みどころです。
 ちょっと薄めすぎたかもしれません。
 服は、ゆこたんヌさんの布服講座の服をレースつきのサテンリボンで作ってみたものです。
 ちょっとごわごわして微妙かな、という感想です。
 あと、黒子には激しく似合いませんでした。

うちの子たち2

 サンタ風の格好をしているのが天使型のシャルトリューズ。
 最初は普通のサンタ帽を作ろうとしていたのですが、ポニテにかぶせるのはあまりにも無理があったので、こんな風になりました。
 三角巾状の布にボアと先端のボンボン(写真では見えていません)がついているという奇妙な被り物ですが、なんとなくロシアかチロルの民族衣装っぽくも見えたり。
 ボア部分はフェイクファーテープを使っているので兎の毛皮ではない……はずです。
 たぶん化繊。
 服は、前回のキャラホビオフの時に製作途中で持っていったものの黒い布を赤に変えただけのものです。
 靴下はアゾンの1/12服シリーズに付属のもの、靴はオビツの……27cm用でしたっけ?
 アゾンで1/12服と一緒のところに置いてあるものです。
 隣には、figma用のものをもとにしたペーパークラフトのツリーが置いてあります。
 ハロウィンの時は作っている人が結構いたので、他にも持ってきている人がいるかと思ったらいませんでした。
 オリジナルのツリーは結構いましたが。

うちの子たち3

 右が天使型bk.のパスティス。
 例によって二丁拳銃神姫なのですが、今回はマントを追加し、ついでにバルムンクも持たせてます。
 バルムンクは、手を離すとマントで完全に隠れる位置に装着しているので、暗器に近い扱いです。
 ……よく考えたら、マントを作った時に説明したのと同じ装備でした。
 そんなわけでこの辺で割愛。

 左は蠍型のグライツァー。
 赤い呼子鳥を着せる案もあったのですが、そうすると胸パーツの関係でどこかから怒られそうな気がしたのでそのままマントを着せてます。
 別に私の趣味でこんなことになっているわけではありません。
 そもそも、素体にそのまま革ベルトを装備させるとずり落ちてしまうのです。
 かといってタイトに締めると格好悪くなりますしね。
 サングラスはスモークの塩ビ板を切って、ドライヤーで暖めながら曲げました。
 元々ついてるバイザーだと、軽装にミスマッチなので。
 鞘は、武器の形状がえらいことになっていたので、衝動的に勢いで作りました。
 もはや何かの病気だと思います。
 写真ではかなり見えにくいので、そのうちちゃんと紹介したいと思います。
 意外と格好良くできたので満足です。

うちの子たち4

 左が悪魔型wh.のノチェロ。
 アゾンの1/12シフォンワンピースとピュアニーモ用半袖タートルニットを組み合わせてます。
 タートルニットの方は本来こういう着方をするものではないのですが。
 あと、これまた写真ではわかりにくいのですが、左手に革製のバッグを持っています。

うちの子たち5

 夢魔型のガリアーノ。
 マントを着せて、頭にフィギュメイトのザジについてたちびドラゴンを乗っけてます。
 一応ヴァンパイア的なイメージです。

うちの子たち6

 悪魔型のストレガ。
 この子は以前に魔女っ子装備の説明をしているので詳しいことは割愛。
 頭にフィギュメイトの茶々丸についてた猫が乗ってるぐらいです。
 ……しかし、アマレットさんの服がこの子にとられた形になってるので、早めに何とかしたいところです。

 ……長い、長すぎる。
 普段から説明しておけという感じですね。
 1回分ほぼ丸々自分の神姫だけで埋まるとは、私自身も想定していませんでした。
 そんなところで、以下次回、です。

武装神姫 ホビコン06東京オフに行ってきました2

  1. 2008/12/25(木) 01:00:06|
  2. ┣ ホビコン06東京|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
 こんなタイトルですが、当日の戦利品紹介です。
 例のものも届きましたしね。

戦利品


 後ろの箱が、オフ会の交換スペースでもらってきたユージンの「デザイナーズ ファニチャー 1/12 内田 繁 編」、左端がホビコン会場で購入したファンタスティック・プラネットさんの「パンチンググローブ 2組セット(神姫用)」、中央が同様にホビコンで購入したForest Notesさんの「まるいの」、そして右端が、帰宅してからゆこたんヌさんの通販で購入した「小花柄ワンピース(生成)(注:画像のパーティオは付属しません)」です。
 「まるいの」は、オフ会場で出そうと思って買ったのですが、当日連れていったメンバーはケモテック率0%(ちなみにフロントライン率62.5%)だったので、微妙に合わないかな、と思ってやめました。
 今になって冷静に考えると、ぶち猫の方はともかく、黒猫の方はストレガさん(魔女っ子)の使い魔っぽくて良かったかも知れません。
 実は、「まるいの」は普通の綿が入ったぬいぐるみだと思っていたのですが、軽さや手触りから察するに中身は発泡スチロールのようです。
 しかし、縫い目が見当たらないので、どうやって作っているのか非常に気になります。
 表面はフェルトっぽくも見えますが、毛糸のような気がします。


 ……さて、気になるのはデザイナーズ ファニチャーの中身です。
 箱の後ろにはラインナップが掲載されており、椅子やらテーブルやらが入っているようです。

ラインナップ


 私は1/12の椅子を持っていないので、テーブルが出たらちょっと微妙だなあ……などと、その時は呑気なことを考えていたのです。
 ……何やら妙に厳重に封がされていることに不安を覚えつつ、いざ開けてみると。

こんにちは!


 …………。
 ええと、こんなもの、ラインナップにありましたっけ?

ラインナップ拡大


 ……ああ、これ、棚だったんですか。
 正直、ただの模様だと思っていましたよ。

組み立てました


 ああ、ものすごく微妙です。
 こんなサイズの棚にしまいたいものなんてありませんし、牢屋ごっこやジャングルジム代わりにするにも縦の板が斜めになっているこのデザインが邪魔をします。
 どなたか、使い道を思いついたら私にそっと教えて下さい……。


 そして、ゆこたんヌさんのワンピースですが、やはり他の方が作った服は参考になります。
 どうしても、人間用の服を神姫サイズに縮小しただけでは神姫服にはならないのです。
 布の厚みであったり、裁ち目の処理の仕方であったり、その他もろもろが人間の手では作れないほど細かくなってしまうので、どこかでデフォルメや省略を入れてやらなければいけないのですが、人間の服を見ているだけではそれは学ぶことができないのです。
 まあ、自分で考えて作るというのもアリですが、経験値が低い状態でそれをやっても効率が悪いのです。

 しかしまあ、なんというか、私が作ってる服がどれだけ「自分用」という前提で処理されているかがよくわかりました。
 とりあえず、私もオフ会のジャンケン大会に出せる程度のものを次の目標にしたいと思います。

武装神姫 ホビコン06東京オフに行ってきました1

  1. 2008/12/21(日) 23:25:33|
  2. ┣ ホビコン06東京|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
 いやあ、暑かった……もとい、熱かった!!

 もう真冬だというのに、紳士・淑女たちの熱気でオフ会場内はえらい気温になっておりました。
 参加人数も(ホワイトボードに書いてあったのを見た限り)38人ぐらいだったようですが、各人が複数の神姫を持ち込んでいるため、全体ではおそらく200姫を超えていたのではないでしょうか。
 私は基本的に1発撮りで、1〜3神姫を中心に撮ることが多かったのですが、それでも150枚以上の写真を撮り、その上で全てを撮ることができなかったという圧倒的な物量でした。

 とりあえず、今日はまだ写真の整理などもできていないので、つらつらとダイジェスト形式で書いていきたいと思います。

・ホビコンの会場内で、紳士・淑女に続々遭遇。
 まず、最初にちびすけパパンの卓に行って展示を軽く撮影したのち、端からぶらぶらと眺めていると、会場の1/3ほど行ったあたりで見知った顔を発見。
 Amberさんとゆこたんヌさんがいるのにも気づいてはいたのですが、流石にこちらの顔までは覚えていないだろうと思い、以前に約束していたものをフジワラウサギさんに渡しつつ挨拶。
 そのまま合流し、ぷらぷらしたり、会場の出入り口付近のベンチで話をしているうちに総勢9名まで増殖し、ビッグサイト構内の喫茶店で昼食をとったあと、オフ会の会場に向かいました。
 ちなみに、増殖の経緯が省かれているのは、顔と名前がまだ一致していない方がいらっしゃるので、順番がいまいち不確定なためです。
 前述の自分を含めた4人のほかは、(か)さん、マエケンさん、MK−Nさん、takamuraさん、呀龍さんがいらっしゃった……はず、です。
 間違ってたら、後でこっそり修正します。

・(か)さんの12/1のあれについて
 最初に袋を見せられた時、板状のものだということはわかったので、連想したものはウェルクストラのシールドでした。
 しかし、本来ならゆるやかにカーブしているはずで、大きさももっと大きいはず……と思いつついろいろ考えてはみたものの、実際に見るまで正解にはたどり着かず。
 どうやら、袋の外形に惑わされすぎていたようです。
 正解が知りたい方は、他の参加者の方のブログを見ると良いかもしれません。

・オフ会場にて
 オフ会場についてみると、既に十数人の紳士達が、展示準備を始めていました。
 我々もすぐに展示を開始し、数十分が経過したのち、会場内はあのまとめサイトの画像掲示板や、あのブログや、あの模型誌や、あの模型SNSで見た神姫でいっぱいに。
 正直、巨大掲示板で叩かれて以降、神姫オフの参加者はブログ同士の横のつながりで来る人と、会場を借りて行うようになる以前からの常連さんが中心だと思っていたので、模型SNSでしか名前を見たことがない方がいらっしゃっていたのには少し驚きました。
 今回が初参加という方も結構いらっしゃったようですし、意外と潜在的な参加希望者は多いのかも? と思いました。
 ……そういえば、私はmixiのアカウントは持っていないので、そちらからのつながりはまったくわからないのでした。

・夜なべして作ったfigma用ペーパークラフトのクリスマスツリーについて
 ええ、実はあれを作るのに昨晩は一睡もしてなかったのです。
 ……昼間にたくさん寝たけどね!

 皆さんおなじみ、浅井真紀さんの制作したペーパークラフトを、著作権表記が入っていないのを良いことに(編集にはAdobe Acrobatではなく、CorelDRAWを使用したので正確なところはわかりませんが、編集禁止のロックもかかっていなかったっぽい)ちょこちょことデータをいじくり、玉状の飾りがついているような状態にして印刷し、会場に持っていったのです。
 昨日言っていた「あとひとネタ」がこれですね。
 本当は、帯状の飾りや雪も入れたかったのですが、サンプルを作って調整している暇はなかったので断念しました。
 玉状ならば大丈夫だろうと思ってやってみたのですが、少し位置が高すぎて、枝を目いっぱい広げてやらないと見えない飾りも多いです。
 あとは、切り取り線に飾りが被っていたりとか……。
 正直、見向きもされなかったらどうしよう……と思いつつ、用意した11枚(たぶん)は、すべて無事に引き取られて行きました。
 大量に残っていたら一人ツリー祭をしなければいけないところだったぜ!
 それから、赤い玉と青い玉は、本来の印刷とは違う工程で無理やり印刷しているので、強くこするとはがれることがあります。
 まあ、下地の銀箔印刷が出てくるだけなので、問題ないといえば問題ないのですが。

・時間に余裕のある紳士達で夕食を食べた後に起こったこと。
 店を出ると、入った時には吹いてなかったような強風が吹いていました。
 あまりの風に真っすぐ歩けないほどで、「こりゃいかん」と、風除けとして建物の陰に入ろうとしたときにそれは起こりました。
 一人の紳士が、風に背中を押されつつ歩いていたところ、既にあたりが薄暗かったために段差を見落とし、バランスを崩して見事にすっ転びました。

 ……ええ、もちろんそれが私です。

 カメラも神姫も、私自身にも特に被害はなさそうです。


 とりあえず、すぐに思い出せるネタはこのぐらいでしょうか。
 あとは、写真を見ながらじっくりやりたいと思います。
 皆さん、お疲れ様でした。

前のページ 次のページ